ドコモポイントの交換と使い方は?

ドコモポイントの交換と使い方は?

アラフォー独身女性の応援団長ブログライターのHIROMIです。

スマホに乗り替えてから使用料金が羽上がっているので『ドコモポイントの交換と使い方は?』というタイトルで記事を書きたいと思います。

スマホの使用料金が上がったと言うことは、毎月のポイントも以前に比べて多めに付与されていると思うのですが、私はパソコンやスマホで確認できるドコモのeビリングを利用しているのでポイントがどのぐらい貯まったのか?使用期限のポイントがいくらあるのか?ってあまり気にしていないのが現状なのですが、先日、母がドコモの料金明細書に記載されているポイントの失効について聞かれましたが、実は、私もよく分かっていなくてちゃんとした返事が出来なかったのです。
母が使用している機種は相当古いので重いのですが思い入れがあり機種変更はしたくないけど、電池の持ちも良くないと言っていたので、使用している機種に対応している電池があれば交換してもらえばいいかなと思い、早速パソコンで調べたら同じ電池はないけど対応しているものがあるということで交換してもらいました。

        交換

ドコモポイントの使い方

母の場合、ドコモポイントの使い方は良かったのですが、さて私の場合、携帯を使いはじめて26年、キャリアをドコモにして20年以上経っているのでムダにポイントを失効させてしまっていると思いますし、私と同じようにポイントの交換時期を逃してしまったぁ!という人が山ほどいるのではないかと思います。

ドコモだろうとTポイントだろうとクレジットカードだろうとポイントが付くものは、どれでも使えば使うほどポイントが増えていくのは、誰が考えても簡単に分かりますよね?
だけど、どれだけ使ったらポイントが付くのか気にしている人はあまりいないと思います。必要な生活用品や家電製品等を買うとおまけにポイントが付いてきた適度の認識だと思います。実際のところ私も大多数派の中に入りますが、ポイントの交換をもっと賢くして、お得な使い方を知っていればおまけのポイントではなく、お得感満載になってきます。

ところで、みなさんは携帯電話が一気に普及したのがいつか覚えていますか?私の記憶が確かなら・・・って、あまり確かではないので、私が最初に携帯電話を手にしたのは、結構早いのではないかと思うのですが、23歳、今から約20年以上も前の話になります。当時、手のひらサイズに収まる小ささだったのですが、今のスマホとは比べ物にならないほど重く電池も充電を始終していないといけないほどでした。
当時、使っていた物はドコモで料金プランがトレーニングジムのような形態が支流でした(笑)
フルで使用できるプラン・ドニーチョと呼ばれる土日限定のプラン・深夜割りのあるプラン等で私はさほど携帯電話の必要性がなかったので・・・それなら持たなきゃよかったのですが、当時大好きだったラジオ番組にリクエストを出したら携帯電話が当たっちゃったって落ちなのですが・・・
渋々、ドニーチョと呼ばれる土日限定と深夜割りを契約していましたが、留守番電話機能をつけると留守電を聞くと料金が掛かってしまうような仕組みになっていたと思うのですが、今よりも個人情報が云々と言われていなかったので、勝手に電話番号が回され用事もないのに留守電にメッセージが入っているという始末で利用料金がハンパなく利用明細書が届いて金額を見た時、ビックリして腰が抜けるかと思ったほどでした。
そんなバカ野郎の友達のせいで迷惑被りました。皆さんも私のようなことになった経験はありませんか?

ドコモに対抗し現在のauの前身のセルラー(KDDI系列)とソフトバンクの前身であるデジタルツーカーホン(現在はありません)がありました。当時としては、まっ、現在もですがドコモに比べると通話料がお安く設定してあったのもあり、ドコモを止めてデジタルツーカーホンへ乗り換えたしたが、現在のように乗り換えサービスもなかったので電話番号もすっかり変わってしまいました。ただ、メールはパソコンを持っている人以外はあまり使っていなかったので、メールアドレスの変更なんてなかったですけどって言うか、メール自体を知らなかった私です(汗)
今、考えると幸せな時代だったかも知れません。現在は、どこにいたって絶対につかまってしまいますもん、海外だって。私は海外旅行には携帯電話は持っていきますが、空港に到着した時点で電源オフにしちゃうので結果、つかまりませんけど(笑)

        ドコモ

そして、デジタルツーカーホンからドモコに舞い戻ってきたのは、携帯電話からメールが送れるようになりましたが、文字数制限という今では考えられないような仕組みになっていました。確か・・・250文字くらいだったと思いますが、はっきり覚えていません。平成生まれは知らないのではないでしょうか?くっそー!!
メールは送っても途中で切れてるよ~なんて事がしょっちゅうありました。

話がそれちゃいましたが、ドコモに舞い戻ったのは、女子がやりそうな理由です。
分かりましたか?はい、それ!それ!

彼です(笑)

今だったら男のためにどうして使ってる携帯会社をドコモに変えなきゃいけないのよ‼と反対に相手に変えてもらうでしょうね、小娘がやるようなことなんて絶対しないでしょうが、そのときは私も小娘でした(笑)

当時の彼は、ニュージーランドで生活して15年目、知り合った時は既にあちらで会社経営をしていましたので、なかなか日本に帰国できない状況の人でした。
連絡方法は?というと・・・メールです。外国では普通なのですが、日本はまだまだ遅れていてパソコンを個人で持っている人なんてほとんどいなかった頃です。
携帯メールは250文字だと会えない間の思いも伝えられないと思っていたら、ドコモから携帯電話に接続したらメールが1000文字送れる端末が売り出されたのをきっかけに舞い戻ったのです。
でも、文字だけですよ、今のように画像を添付したりは出来ませんでしたけど、それでも連絡が取れるだけで幸せでした。可愛かったです。キーボードの文字が消えちゃうほど使いました(汗)
その当時から現在までiPhoneがソフトバンクから出ようと浮気もせずにドコモのヘビーユーザーです。
紆余曲折もありましたよ、利用料金が安いから、電波が入らないから、movaからFOMAに移るから使えなくなるから等、携帯電話会社を変えようかと何度思ったことか。

これだけドコモのヘビーユーザーだから、さぞポイントを使い方知っているだろうと思われるかも知れません。ところがどっこい、ドコモポイントは携帯電話の電池パックと交換したことが1回、スマホを購入したときに購入代金の一部にポイントが使えると知って交換?というより支払いに充てたぐらいです。
ポイントを相当失効させていたのではないかと思いますが、携帯電話を使用してのおまけがポイント!くらいの認識だとでしかないのですが、上手に交換している人もいるので見習いたいですね。

ドコモポイントをムダにしていたので、効率よく交換したり、お得な使い方を調べましたので、ポイントの確認の仕方を含めて説明したいと思います。

        ポイント

ドコモポイントの確認方法

まずは、ポイントの確認の仕方ですが、どこを見たら失効期限やポイントがどれくらい貯まっているのかが分かるのでしょうか?

ポイントの確認は、パソコン・スマホ・ガラケー・請求書・電話で出来ますが、これらはすべてパスワードが必要になりますので、分からなかったり、3回間違えたりしたら最終手段としてドコモショップへ行って確認しましょう。その場合は身分証明書が必要になりますので、忘れないで持って行って下さいね。

・パソコン
 My docomo「ポイント・優待サービス」にてポイントやステージが確認できます。
 docomoIDがなければ新規発行しましょう。「docomo ID/パスワード」は簡単に発行できます。
・スマホ・タブレット
 dmenu→サービス一覧(もっと見る→一覧を見る)→ドコモプレミアムクラブ→『ドコモポントサービス』ポイントを確認する。
・ガラケー(iモード)
 imenu→お客様サポート→ドコモプレミアムクラブ/会員の方はコチラ→『ポントサービス』ポイントを確認する。
・ガラケー(spモード)
 dmenu→お客様サポート→ドコモプレミアムクラブ→『ドコモポントサービス』ポイントを確認する。
・請求書
 毎月届く請求書でポイントとステージが確認できます。
・電話
 ドコモケータイから 151 にかけてください。音声ガイダンスに従っていけばいいです。
 発信者番号通知(発ID)、ネットワーク暗証番号(4桁の数字)

ところで、ドコモポイントの貯め方も色々あるみたいなので、こちらもチラリとご紹介しておきます。

ドコモプレミアクラブに入会していると加算ポイントが入会していないのに比べるとかなり変わってきます。ポイントだけではなく、ドコモのおトクな特典が受けられる会員向けサービスで、どこでも使えるクーポンや携帯の壊れちゃったとか修理してほしいんだけど・・・って時にサポートが無料で受けられたり、ドコモポイントを旅行や商品に交換できるサービスです。

利用金額に応じてドコモポイントが貯まりますが、ステージ制になっていまして上位ステージほどポイントが多くなります。ドコモを利用している期間に応じて4月から翌年3月までのステージが決まります。
私はもう少しで17年目を迎えようとしていますので、15年以上の利用で1000円で25ポイント付与されるグランプレミアムステージらしいです。相当のポイントが貯まりそうな気がします(笑)
そのほかに以下のようなポイントの貯め方があります。

・プレミアアンケート
ドコモプレミアクラブ会員を対象に様々なアンケートがあり、それに回答するとドコモポイントがゲットできます。
そう言えば、以前、機種変更するために毎日のようにアンケートに答えていたような記憶が・・・(笑)

・ドコモポイント特約店でためる。
ドコモのクレジットサービスDCMXを契約していると毎月の利用料1000円で5ポイントのボーナスポイントが加算になります。クレジットカードというだけあり、DCMX GOLDならドコモプレミアクラブのステージがサクッとゴールドステージになり、契約年数に関わらず携帯電話等の利用料金1000円につき100ポイントがたまります。
さらに、お買い物でもDCMXを使用するとドコモポイントが1000円につき10ポイント貯まるというお得なカードです。

ドコモポイント特約店はたくさんあり、多岐に渡っているのでクレジットカードをDCMXするだけで、大体100円につき1ポイント~3ポイントが加算されていきますき、ドコモポイントとカード自体のポイントで二度美味しいです。しかも会員優待もある特約店もあります。

・暮らしでドコモポイントをためる。
一休.comで予約したレストラン利用総額(税込)の1%分のドコモポイントが加算されたり、スルガ銀行のインターネット支店「ドコモプレミアクラブ応援バンク」の取引に応じてドコモポイントをプレゼントされたり・・・何と!口座開設だけで1200ドコモポイントプレゼントだそうです。朝日新聞デジタルもドコモポイントコースなんて銘打ったものをありますね。
夏休みに旅行を計画している人には近畿日本ツーリスト・JTBの海外・国内でもドコモポイントがたまるパッケージツアーがあり、どちらも同行者分もまとめてドコモプレミアクラブ会員にポイントがプレゼントされるそうです。
一休.comはネット予約した宿泊施設の総額(税込)の1%分のドコモポイントがプレゼントですが、キャンセルされた場合は勿論ありませんので、悪しからず。
他にも車の査定・給油・カー用品購入・各種保険・マンションの賃貸契約や引越費用、学習塾でもドコモポイントがプレゼントされたりと枚挙にいとまがないですね。
挙げ句に他社ポイントをドコモポイントに交換することもできるようですが、私はクレジットカードのポイントをマイルに交換したことはあっても、ドコモポイントに交換する発想は全くなかったです(汗)
岡マイラーの私(飛行機はよく使うのですが、格安チケットなので)ですから、何かマイルに交換できるものはないかと常日頃思っているのでドコモポイントに交換するなんて勿体ない!って思っちゃう。でも、ほしいものがある場合は話は別ですけどね(笑)

ドコモポイントの使い方と交換方法

さて、ドコモポイントの使い方ですが、ポイント額によって交換できる商品が色々あるようです。

いの一番に誰もが思い浮かぶポイントの使い方はやはり携帯電話の機種変更の時に機種代金の一部に充てることではないでしょうか?一番オーソドックスな使い方ですので、ご存じの方も多いでしょう。ガラケーでもスマホでもどの機種に100ポイント単位で使うことができ、100ポイントで100円の支払いに充てることができます。
しかし、最近はスマホになってせいか機種代も高くなりましたので、簡単に機種変更をしようと思わないのですが、分割払いができるので一括で購入するより分割払いで購入する人が多いと思います。その支払いにドコモポイントを使うことが出来ます。
分割払いの場合でもドコモポイントを使用することができます。この場合、頭金も含んだ端末の価格からポイント分を引いた後の残った金額を支払い回数で分割払いにする形になります。
ドコモショップ、ドコモオンラインショップ以外では、家電量販店でもドコモポイントとお店独自のポイントを同時に使うことができるので、お得なカード使い方と言えるでしょうね。

        マイル

充電器や電池などのドコモ商品の付属品やオプション品の購入代金にポイントを利用する使い方もあります。

もう一つすぐに思い浮かぶポイントの使い方が故障した時で水没させてしまった、液晶が割れてしまった、電源が入らなくなったなどの故障は有償修理や外装交換などの修理代金にポイントで支払う使い方があります。

ドコモポイントをマイルに交換することができますが、交換するとかなり目減りします。しかし、交換したい品物がない場合は目減りしても失効させるよりは、はるかに良いのでマイルに交換する方がいいと思います。

携帯電話の機能におサイフケータイの「DCMX(iD)」を利用した際、クーポンと交換ができるのでショッピングの請求代金から差し引かれますので『ただでお買い物できちゃった』感があり、と言うか実際に無料でほしいものがゲットできるので、ポイントをクーポンに交換しない手はありません。

全国50万店以上で使用できる全国共通商品券(三井住友VISA)のVJAギフトカードに交換することができます。色々なお店でお買い物する人には便利ですが、急場の現金が必要な人はこれを金券ショップで現金化することもできますが、若干の目減りはしかたないかも?

グルメや家電、ホテルなど様々なコースの商品と交換できるカタログギフトが揃えてあります。このカタログギフトは結婚式の引出物で皆さん、一度は利用したことがあると思いますが、ドコモポイントをカタログギフトの商品と交換する仕組みです。
商品も豊富で家電や雑貨などからグルメや旅行などのカタログギフトに交換することができます。このコースは、最低3,000ポイントから最高で10万ポイントまでの商品が用意されていますが、やはりほしいものがないとカタログに交換したのはいいけれど、ボーッとしていたら商品交換期限が過ぎちゃったってことにもなりますので、気をつけないと・・・私はやりかねないです(笑)

でも、一番のドコモポイントの賢い使い方は、ドコモが運営している『dマーケット』でショッピングやコンテンツ購入にポイントを使うのが一番お得だそうです。
dマーケットは、生活用品や洋服等まであるショッピングやコンテンツによって映画や音楽、電子書籍などの購入がポイントによってできます。




便利なのが「dショッピング」です。
大手のネットショッピングサイトほどではないですが、なーんでも取り扱っています。食料品(肉、魚、野菜からお酒、飲料水、ミネラルウォーター)・日用品、ペット用品、おむつなども品揃えが充実していますし、パソコン関連などもありますのでネットショッピングをよくされている方もですが、ネットショッピングはどうも・・・と思っている方もポイントをムダにしてしまうのであれば、普通の生活用品に交換するのは抵抗ないと思いますので、是非活用してください。だって、お財布が痛むわけでもないし、どうせ買わなきゃいけないものならポイントで交換するのもいいですね。

        旅行

ファッションサイトや旅行予約サイトも使い勝手がよく、少ないポイントやはすうも1ポイント㌃で使いきることができるので、ポイントの使い方としては一番のだと思います。

ドコモポイントの有効期限は人それぞれだと思っていましたが、実は違っていて獲得した年度から3年後の、5月31日と決まっていますので、ドコモポイントの有効期限が近づくにつれて、ドコモショップが混み合うので早めに交換して時間は有効に使いましょう。

Time is MONEY!!

でも・・・ドコモポイントが、携帯利用料金(基本料金、通話料・通信料など)の支払いに使うことができたらいいと思いませんか?DCMX(iD)クーポンに交換したら携帯利用料金を支払いができるじゃん!って思うかもしれませんが、適用外らしいです。
何てこったい!
他の携帯電話会社では、ポイントを携帯利用料金に使えるということを聞きました。ポイントの使い方としては、最高ではないですか?

どうして、ドコモポイントは携帯利用料金の支払いに使えないのでしょうか?ユーザーの意見としてもう少しポイントの交換や使い方を考えてほしいなぁ。

        ガラケー

そうでなくても、ユーザーの囲い込み合戦しているのですし、私なんてスマホからガラケーに戻ろうかなんて思ってるくらいですし、今年5月からSIMフリーの通話料の安い携帯電話会社が許可されているのですから、ドモコはボーッとしてないで、もっとガンバレ‼

<アラフォー独身女性の応援団長ブログライターのHIROMIからのお願い>
*本サイト「アラフォー.com」は40代の働くアラフォー女性の方々を応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 夜の仕事(水商売)から昼職に転職するには?

    夜の仕事(水商売)から昼職に転職するには? アラフォー独身女性の応援団長ブログライターのH…
  2. ユーグレナパーフェクトグリーンお試しパックの口コミと評判は?

    ユーグレナパーフェクトグリーンお試しパックの口コミと評判は? アラフォー独身女性の応援団長…
  3. 女性におすすめの転職サイトランキング(30代・40代)

    女性におすすめの転職サイトランキング(30代・40代) アラフォー独身女性の応援団長ブログライ…

カレンダー

2017年9月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

編集長プロフィール

PR

免責事項

当サイト上に掲載されいる情報の内容については万全を期しておりますが、これらの情報によって万が一いかなる障害が生じた場合も、当社および情報提供者としては一切の責任を負いかねますのでご了承の上、ご利用いただきますようお願い申し上げます。ご質問やご相談はこちらまでお問い合わせください。
ページ上部へ戻る