フレンチカットグラン の口コミと失敗やデメリット

フレンチカットグランの口コミと失敗やデメリット

アラフォー独身女性の応援団長ブログライターのHIROMIです。

最近、「前髪を切った若手女優がかわいい!」、「あの噂の女優は18歳?理由は前髪を切ったから」とか、「ショートヘアが、かわいすぎる」、また、「人気絶頂期のヘアスタルに戻したモデルは、劣化が止められるか?」なんて、女性タレントがヘアスタイルを変えると、インターネットニュースでよく見かけます。
確かに女性がヘアスタイルを変えると、特にロングヘアからショートヘアにした時なんて、何か心境の変化があったのではないか、失恋したのではないかと、話題で持ちきりですが、女性の私から言わせてもらえれば、なーんの理由もなく、「飽きちゃった」とか、まとまらなくなっちゃったという簡単な理由でヘアスタイルを変えているだけなのですが・・・




女優は、仕事(ドラマや映画の役柄)に合わせて変幻自在にヘアスタイルやメイク、ファッションまで変えてしまいます。
しかも、撮影のときはヘアメイクがいるからキレイに整えられているだけのような気がするのですが・・・
だって、美容院ではキレイに纏まっていたのに、いざ自分で整えたら上手くいかない経験は、誰でもあると思います。
ヘアスタイルを変えるのに然したる理由なんて、ほとんどない筈なんですけど、なぜか周りは大騒ぎってことが多いですよね。

カット

『髪は女の命』
なんて言葉もあるくらいですし、髪を武器に男性を、虜にしている女性もいるのも事実ですが(汗)

暑い夏から秋に季節が変わるとファッションもがらりと変わり、オシャレが楽しめます。
洋服や靴は、一気にシックでモノトーンにまとめ、一ヶ所差し色を入れると大人の女性に変身できるから、不思議です。
メイクも温かみのある色合いで、ほんのりかわいい印象に仕上がります。

ヘアスタイルも夏の強い紫外線で傷んでしまい、パサパサで艶のない髪にうんざり、挙げ句に明るくカラーリングしてファッションとアンバランスになって、カッコ悪いと、バッサリとカットしてしまう人が多くなるのも、この時期ですね。
私も元々、黒髪なのですが、夏の紫外線で焼けてしまい、何となくパッとしない印象でしたので、先日、漆黒にカラーリングしました。
やっぱり落ち着きますね~

カラーリングしている間、私の子供だといっても不思議ではないほど若い美容師さんと話していましたら、この秋は『赤毛』が流行っているんですよ~と。
『赤毛・・・』
日本人が赤毛にするとどんなになるんだろう?と考えましたが、今イチ想像できませんでした。
しかし、外国人の友達は確かに『赤毛』とまでいかないですが、光の加減によって赤色に見えるカラーリングをしていましたのを思い出しました。外国人だから似合うのかな?

そんな話から、「今、フレンチカットグランが流行ってるのを知ってますか?」と尋ねられ、言葉の響きから、巷で流行ってるスイーツかと思い、「美味しいの?」と聞いちゃいました(笑)
だって、フレンチなんていうもんだから、連想するのはやっぱりスイーツかフレンチ料理じゃないですか。
まさか、フレンチカットグランがカットテクニックだとは思いも寄らなかったです。
でも、美容院で美容師と話しているのだから、よくよく考えればフレンチカットグランがスイーツだなんて思わない筈なんですよね。
顔を真っ赤にして笑いながら美容師さんが「分かります。響きがスイーツって感じですもんね。」とフォローしてくれましたが、私は美容師さん以上に顔が赤くなっていたことでしょう、きっと。

しかし、このフレンチカットグランが流行っていると言われてもスイーツに間違えるぐらいですから、どんなカットテクニックなのか分かりません。

そんなこんなで今日は『フレンチカットグラン の口コミと失敗やデメリット』というタイトルで記事を書きたいと思います。

ところで、フレンチカットグランってどんなカットテクニックなのでしょうか?
インターネットで『フレンチカットグラン』と検索してみました。
フレンチカットグランは

『奇跡のカット!』

と呼ばれているではないですか!!
どんなところが奇跡のカットなのでしょうか?眉唾物ではないかと思ったり、しかし、流行っているということは、本物なのか?
フレンチカットグラン講師会というNPO法人があるほどで、髪の悩みをカットで解決するフレンチカットグランはカット技術の改革だと言っています。
ほっほ~、本物みたいですね。
まずは、詳しくフレンチカットグランを調べてみたいと思います。一番の特徴は、

髪の毛の量をコントロールできる!

ということみたいです。
私のように髪の毛が多くハリがあり、しかもくせ毛で広がりやすい人にピッタリのカットテクニックのように思えます、ちょっとワクワクしてきました。

梳き髪

しかも、このフレンチカットグラン講は世界三か国で「ヘアカット法」の特許を取得しています。
特許を取得している国は、以下のとおりです。
・アメリカ 1995年6月8日
・フランス 2001年1月7日
・日本 2005年1月7日

フレンチカットグランと名付けられているくらいですので、絶対にモードなフランスが発祥なのかと思っていましたが、アメリカ発だったんですね。

髪の毛の悩みを持たない女性はいないほどでパーマに頼らないで、カットのみで悩みが解決できる世界発のカット技術で、トリートメント要らずって、どういうこと?
私なんか、いつも長さは変えないで、軽くしてほしいという要望をしているのですが、もしかして、知らない間にフレンミカットグランで整えられていたということですかね。
だって、「長さ」のみならず、「厚みや幅」を考えた3次元カット法を理論化したものが、フレンミカットグランのカットテクニックでヘアスタイルが美容院から帰ってきたように自宅でも簡単に手入れしやすい髪に整えられるって、フレンミカットグランが奇跡のカットと呼ばれている意味が段々と分かってきました。

バラバラに伸びてきた髪の毛を一定の厚みにすることによって、風通しがしくなり、蒸れないようになりますし、ドライヤーで乾かす時間も短縮することができるので、髪に与えるダメージも少なくなります。
ドライヤーを使用する時間が短くなるということは、シャンプーやコンディショナーの使用量も必然として減ってきます。
また、フレンチカットグランでくせ毛を改善することによって、ヘアカタログを切り抜いて美容院に持っていっても、どうしても思ったようにならなかったヘアスタイルもできるようなります。
しかも、カットだけでクセが和らぐので、天然パーマの縮毛矯正にも効果がありますし、パーマもフレンチカットグラン技術でカットする前に比べてかかりやすく、もちも良くなるので、パーマをかけてもすぐに落ちちゃうという人にも絶対におススメのカット技術だと思います。

出勤前の朝の貴重な1秒が短縮できるフレンチカットグランが、奇跡のカットと呼ばれているのは、分かりましたが、どのようなカットテクニックなのでしょうか?

髪の毛が多い・クセが出る人は美容院に行くと必ず、落ち着かせるためだったり、軽くさせるために梳いてもらうことが多いのですが、フレンチカットグランはその梳くが特徴なのです。
しかし、以前のように髪の毛の途中から梳くと毛先がスカスカになったり、パサパサになり、まとまる髪もまとまらなくなり、手に負えないヘアスタイルになっていました。
フレンチカットグランは、髪の毛の根元から梳くというカットテクニックで、美容師がやりたくてもできなかったことができました。
根元から梳くと伸びた時に出てほしくない場所にボリュームが出てしまったりするので、こちらからお願いしても、決して髪の毛の根元から梳いてくれていなかったのが事実なのです。

フレンチカットグラン

そうなんですよ、私は以前、落ち着かなくなったヘアスタイルにイライラして、美容院に駆け込んだ時、たまたま担当の美容師が休みを取っていました。
それでもイライラが落ち着かなかったので、別の美容師にお願いしたのですが、右側と左側の髪の梳き方を失敗してしまい、右側ばかり膨らんでしまったので、修正してもらおうと翌日行きました。
「これは、根元から梳き過ぎているから伸びてくるまで何もできない状態になっているから、何と落ち着くようにしておきます。」
と言われて約1年、かかりました。
だから、美容師は根元から梳かないのじゃないかと思うのですが・・・
梳いた後に短い髪がピヨンピヨンしてくると思いますが、それでもいいのから梳きますよ、と言われますが、髪の毛の途中からしか梳けないのではなく、根元の髪を梳くことのできるハサミがなかったので、根元から梳いてはいけないと暗黙の了解のような約束が出来上がっていただけだそうです。

実は、フレンチカットグランするのには、フレンチカットグラン専用のハサミがあるので、梳き過ぎることもなく、手入れのしやすいヘアスタイルが出来上がります。
フレンチカットグラン専用のハサミは一見すると、ただの梳きバサミにしか見えませんが、根元から梳くことができ、ヘルメットを被ったようなヘアスタイルを回避することもできるのが、このフレンチカットグラン専用のハサミなのです。

gr4

梳きバサミは、中間から毛先しか梳けない上に1回に梳ける量が多く、梳いた跡が付きやすいので、全体がパサついて見えてしまいます。
しかも、片方しか刃がついていないので、切れていない毛のせいでチクチク、ジョリジョリして枝毛になりやすく、髪の毛が傷むと言われています。
それに比べて、フレンチカットグラン専用のハサミで梳くと根元から梳いてもチクチクせず、1回に梳ける量が少ないために梳いた跡がほとんどなく、全体的に収まりがよく、サラサラ、つやつやになります。
普通、短く切った髪の毛は立ってしまうのですが、フレンチカットグラン専用のハサミで根元から梳いた短い髪の毛は2~3か月経っても、立ってこないのが特徴です。
梳きバサミは片方にしか刃がないのですが、フレンチカットグラン専用のハサミは両方に刃がついているので、切りそこなったりせず、しっかりカットしながら梳くので枝毛にもならないというから、思った通りのヘアスタイルにできたり、パーマなどとの相性がいいので、フレンチカットグランは髪の毛に悩みのある女性の間で流行っているのが分かります。

しかし、このフレンチカットグラン専用のハサミも万能ではないようで、美容師でも扱いが慣れていないとカットするのにものすごい時間がかかったり、ハサミの入れ方や角度を見失うとデメリットも出てきて、仕上がりも悪くなり、失敗することもあるようです。
ある程度、使い慣れてくるまでに研究と練習を重ねることが必須だということで、美容師も日々勉強しないといけないフレンチカットグランです。

だって、美容院に行く時は、前のカットで長さや髪の厚みは髪の途中から梳かれているために、根元と毛先ではバラバラになっている状態の筈です。そこから髪の毛の量をコントロールして、ボリュームを落ち着かせ、パサつき感も出さないように整えるのですから、技術が伴わないといくらフレンチカットグラン専用のハサミでもっても、失敗してしまうこともあるのは確かのようですね。

フレンチカットグランの口コミは?

フレンチカットグランのメリット・デメリット、また、成功した人・失敗した人とさまざまなだと思います。そこでフレンチカットグランを試した人たちの口コミがどのようなものなのか、知りたいものです。

口コミって、大体どこのお店、または、どんな商品が自分に合っているかなどを調べる時に使うことが多く、良い評価の口コミしか私は見ないのですが、実は、悪い評価をした口コミが参考になることの方が多いとか。
確かに一度カットに失敗したら元に戻せない美容院の口コミは、良い評価より悪い評価の方を見ていくのが正解なのかもしれません。

まず、フレンチカットグランの成功した人たちの口コミからみていきたいと思います。

フレンチカットグランは、根元から少しずつ丁寧に髪の毛をカットしていくことでボリュームを調整できるのですが、基本はベースのカットを崩さないように仕上げるために、自分が思い描いているようなヘアスタイルに出来るのが特徴なので、良い評価の口コミが多いように思います。
・根元から髪の毛の量を減らしているためにシャンプーが楽になった。
・シャンプー・コンディショナーの使用量が格段に少なくなった。
・ヘアドライヤーをかける時間が少なくなり、傷みが少なくなった。
・手触りがよくサラサラ・ツヤツヤになった。
・お手入れがしやすくなり、膨らまなくなった。
・カットの持ちが以前に比べて良くなった。
など、毎日のお手入れが簡単になったこと、また、カットだけで髪質が変わってしまったのではないかと思うほどのような口コミが多いのが目立ちます。
髪の根元から梳くことによって、髪の毛の量が減るために乾かす時間も短縮できるので、髪にダメージを与えることなくツヤを出すことができる技術と言えるのでしょうね。

また、フレンチカットグランの口コミの中には、湿気でうねったりするくせが出たり、髪の毛の多さで広がったりして思いどおりにできなかった、いわゆる手に負えない髪質が魔法がかかってしまったのではないかと思うほど、扱いやすくなったとベタ誉めの口コミもありました。

広がった髪を抑えるため、うまく整わない髪を隠すために使っていた帽子をフレンチカットグランにしてからオシャレのために使うようになったとも。
しかも、髪の量が減っているために帽子の被り跡が付きにくくなったということで、オシャレもできて、お手入れも簡単ときては、一石二鳥!!フレンチカットグランは被りの物好きな私に、もしかしてピッタリのカット方法なのかもしれないと思い始めました。

シザーカット

しかもお手入れの仕方についての口コミが多く、ブローしても上手くまとまらなかったのが、大きなカーラーを数個巻くだけで、簡単にカールがつき、長持ちで、外国人のようなナチュラルなウェイブが手に入れられると大評判です。
仕事している時にさっとシュシュでまとめたり、飾りゴムでアップスタイル、ハーフアップ、また左右のどちらかにポイントにしてまとめたり、どんなヘアスタイルにもオシャレに仕上げることができ、不器用でアレンジが上手にできないから毎日同じヘアスタイルをしている人がフレンチカットグランにしてアレンジ上手になったねと言われたという口コミもありました。

ヘアスタイルの良し悪しで、女性はその日一日の気分が一瞬にして変わってしまうほどオシャレの重要なアイテムなのです!

フレンチカットグランの失敗やデメリット

ここまでフレンチカットグランが、「奇跡のカット」と呼ばれ、また、試した人の口コミを見ていると失敗やデメリットなんて全くないように思いますが、本当にないのでしょうか?
失敗やデメリットがあるかどうか、もう少し口コミをみていってみましょう。

フレンチカットグランを失敗している人も多くいるようです。
私に「フレンチカットグランが流行っているんですよ」と話をしてくれた美容師が教えてくれたのが、担当していたお客様がフリーペーパーで見かけたフレンチカットグランをしてくれる他の美容院でフレンチカットグランをしたのだけど、どうもお手入れが難しくて何とかしてほしいと来店されたそうです。
そのお客様の状態をみると梳きすぎで左右の髪の毛の量が極端に違っていたということです。確かにクセの強い左側を多く梳いてしまっていたということです。
このフレンチカットグランは失敗としか言いようがなく、フレンチカットグラン専用のハサミに慣れていない美容師がカットしたのではないかと話していましたが、以前の私の左右対称に梳かれた状態と同じだったようですね。

この失敗から考えるとデメリットは、専用ハサミの使い出がカギとなって来るようです。
何でもそうですが、良いものを使えば、どんな髪にもキレイにパーマがかけられる訳ではないし、くせ毛を直せるわけでもありません。人それぞれに合わせて使い分けることのできる技術をもった使い手によって、成功するか失敗するかに分かれてきます。

デメリットは、そんなところから出て来るのでしょうが、フレンチカットグランなら根元から梳いても大丈夫と思って専用ハサミを使うから感覚で梳きすぎてしまうこともあるようです。
普通のハサミでは根元を梳くことができないデメリットはありますが、クセを活かしてカットすれば一気にオシャレなヘアスタイルにも仕上がるので、成功と失敗は紙一重です。
美容師はどんな髪質でも、どんなクセ毛でもブローで何とかすることができる技術を持っているので、いざ自分でブローすると手に負えないことになってしまったけど、短くカットをしてしまっているから1~2か月は我慢しなければいけないと・・・
梳けば梳くほどデメリットも多くなってくるので、髪の量を少なくすればいいというものでもなさそうです。

ただ、フレンチカットグランは髪の量を減らして落ち着かせ、手入れもしやすくする筈のカット技術なのですが、カットが表面に入りすぎて頭頂部辺りに異常に短い髪の毛がツンツンと立ってしまったり、部分的に短くすぎて収まらなくなったりすることもデメリットに挙げられます。
しかも、毎回梳いてしまうと髪がパサパサになったり、短い毛や枝毛も出てくることもあり、梳くことがデメリットに働いてしいます。
根元から梳いてしまうわけですから、短い髪の毛がぴょんっと出てくるのは当たり前で、専用ハサミだから短い髪の毛がぴょんぴょん出てこないというわけありませんよね。
だって、他の髪の毛より短いのですから、美容師でもない私でも分かることです。

短い髪

フレンチカットグランを試して失敗されてしまった人の口コミから分かったことは、ツヤツヤで手入れのしやすいヘアスタイルになると期待していたのに、短い髪の毛ができてしまい表面にツヤがなくなって、毛先までパサパサになってしまうこともあるということです。
フレンチカットグランは1~2回目まではくせ毛も収まり、ツヤも出て期待以上の仕上がりなのですが、3回目辺りからカットを失敗してしまうことが多いようです。
それは、フレンチカットグランのデメリットも言えることなのですが、一時的に髪が軽くなりますが繰り返し続けていくうちに根元から梳いた髪の毛が伸びてきて、下から髪を押し上げボリュームが出てきます。
毛先がスカスカになっているので、この髪のボリュームで収まりがつかなくなってしまいます。
そう考えると毎回、根元から髪の毛を梳くことで起こる失敗もあるということなのですが、パサパサになって失敗をしてしまう原因にフレンチカットグランに向いていない髪質があるということですが、梳いてはいけない髪質かどうかを見極めて、髪の量を梳くけどまとまりのある髪質にできるかどうかは美容師の腕にかかってきます。

フレンチカットグランのデメリットも理解したうえで、短い毛がぴょんぴょんと出ていても落ち着かせる方法を教えてもらったり、あまり気にしないようにするとか、頭頂部に短い髪の毛が立つのが気になるので、フレンチカットグランをしないでくださいとオーダーする時に説明して、納得のいくヘアスタイルにしてもらうのも一つの手だと思います。

私が美容院でよくお願いするのは、最終的になりたいヘアスタイルをオーダーするのですが、2段階でヘアスタイルを仕上げてもらうことです。
どういうことかと言いますと、例えば最終的にカットする前より5㎝短く、しかも髪を軽くしてもらい、扱いやすくしてもらうのが目的です。勿論、オシャレにするのは絶対的な要素の一つですが・・・
この最終的なヘアスタイルの前に2~3㎝カットした時点で一旦仕上げてもらい、鏡で後ろを見せてもらったり、手で触って髪の毛の量を確認してみたりさせてもらいます。
その後、もう少し軽くしてほしいとか、短くしてほしいとかオーダーしてカットしてもらうことによって、失敗することがなくなりました。
美容師からすれば、面倒臭い、信用していないと思われているかもしれないのですが、カットしてしまったら元に戻せないことを一度の失敗から学習したので、失敗するよりはいいかなと思っています。




ただ、今回フレンチカットグランというカットテクニックを調べてみて、ちょっとやってみたいと思ったことも事実ですし、私と同じように湿気で広がったり、くせ毛の上に多いということで悩んでいる人はこんなに口コミで素晴らしいと言われているフレンチカットグランを試してみたくなっている人が多いと思います。
しかし、どんなカットでも失敗もありますし、デメリットだってあります。
その人の髪質に合っているかどうか、またフレンチカットグラン専用のハサミに慣れている美容師なのかということで変わってきます。
いくら「奇跡のカット」と呼ばれていても失敗したら、それは「奇跡のカット」でも何物でもありません。

フレンチカットグランにもメリット・デメリットはありますし、髪質、ヘアスタイル、骨格など色々なことを考えながらカットすることは、普通のカットと同じことで、初めて試したら理想のヘアスタイルになって成功だったけど、何度もフレンチカットグランをやっていくうちに失敗しちゃったということもあります。デメリットも踏まえたうえで、フレンチカットグランを試した人たちの良い口コミ・悪い口コミを参考にして、オシャレなヘアスタイルを目指しましょうね!!




関連記事

ピックアップ記事

  1. 一生独身の女性は幸せか?生涯独身率の推移から大検証!

    一生独身の女性は幸せか? アラフォー独身女性の応援団長ブログライターHIROMIです。 …
  2. 夜の仕事(水商売)から昼職に転職するには?

    夜の仕事(水商売)から昼職に転職するには? アラフォー独身女性の応援団長ブログライターのH…
  3. ユーグレナパーフェクトグリーンお試しパックの口コミと評判は?

    ユーグレナパーフェクトグリーンお試しパックの口コミと評判は? アラフォー独身女性の応援団長…

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

編集長プロフィール

PR

免責事項

当サイト上に掲載されいる情報の内容については万全を期しておりますが、これらの情報によって万が一いかなる障害が生じた場合も、当社および情報提供者としては一切の責任を負いかねますのでご了承の上、ご利用いただきますようお願い申し上げます。ご質問やご相談はこちらまでお問い合わせください。
ページ上部へ戻る