ローラ、ミダンダ愛飲「チアシード」の効果と食べ方は?

ローラ、ミダンダ愛飲「チアシード」の効果と食べ方は?

アラフォー独身女性の応援団長ブログライターのHIROMIです。

最近、注目を集めているアサイー、ココナッツオイル、ゴジベリー(クコの実)、スピルリナ、ユーグレナ、ブロッコリースプラウト、キヌア、亜麻仁オイルなど、上げればキリのないスーパーフードと呼ばれている食品です。このスーパーフードの始まりは、1980年代頃、アメリカやカナダで食事両方を研究する医師や専門家の間で使われ始めました。

ある書籍(アメリカ人医師著)で、スーパーフードを『健康によい栄養分が豊富に含まれていながら、その多くが低カロリーであるもの』と定義し、抗酸化作用を高め、がんのリスクを低下させる。また、生活習慣病予防や老化防止によい効果があるとなどと紹介されています。
中国の薬膳や漢方、また、医食同源(日頃からバランスのとれた食事を摂ることにより、病気を防止し、治療するという考え方)にも通じたとろこがあります。

スーパーフードの注目したい点は、栄養面で優れていているというだけはなく、ビタミン・ミネラル等の特定の有効成分が突出して多く含まれているために、ごく少量でビタミン・ミネラルを効率的に摂れる食品として注目を浴びています。

スーパーフードが注目され始めたのが、美意識の高く、プロボーションを維持するためスーパーモデルや女優、また、ハリウッドセレブなどに支持されたことがきっかけでした。
有名なのが、日本でも人気のあるトップモデルのミランダ・カーやハリウッド女優のグウィネス・パウトロ、歌手のマドンナです。日本も女性タレントやモデル・女優の間でも美貌を維持する効果が豊富で取り入れているということからブームが広がっています。
女性に高い支持を受けているモデル・ローラや道端ジェジカなど有名です。
このスーパーフードは、コンビニやスーパーでも見かけるようになり、手軽に取り入れることが可能になりました。

今日は、『ローラ、ミダンダ愛飲「チアシード」の効果と食べ方は?』というタイトルで記事を書きたいと思います

ココナッツオイルの品切れ状態が続いているというニュースを耳にしたことのある人は多いと思います。
また、一時期、『アサイーボウル』と言えば、1時間以上並んででも食べたいと言われ、スーパーフードのアサイーの効果は、抗酸化作用が高く、美容にいい、しかも、美味しいと一気に話題になりました。そうなると、どうしても食べてみたいというのが女心ですよね。
美容にいいとか、身体にいいと言われれば・・・私もしっかり1時間並んで食べました(笑)
最近、アサイーはコンビニやスーパーでもジュースとして販売されているので、お手軽に摂取できるようになりました。
そうです!私も出勤途中にコンビニにより、アサイージュースを購入して、午後に飲むようにしています。

このアサイーは、ポリフェノールがココアの4.5倍と豊富に含まれているためです。
仕事や人間関係のストレスにより、活性酸素が作られガンなどの深刻な病気や老化の原因になると言われおり、この活性酸素を身体から取り除いてくれる効果をもったポリフェノールを摂取するためです。
だって、仕事から帰宅するときに窓に映った自分の顔を見たときに、
「この人、誰?」
と思うほど、疲れきったおばちゃんの顔に愕然してからです。
高い抗酸化作用だけでなく、ポリフェノールとの相乗効果で20歳若返ってやる!!と思っています(笑)

マキベリー

アサイーもですが、ローラやミランダ・カーが愛用していると話題になっているのが、チアシードです。
ローラやミランダは、オリジナルスムージーで一日をスタートさせるというのは有名で、スムージーに必ずチアシードを入れているほどです。
たくさんの果物や野菜、そしてチアシードを始め、さまざまなスーパーフードでスムージーを作っているようです。

ローラやミランダのようにオリジナルスムージーを毎日作れないという女性には、話題の農薬不使用栽培のホワイトチアシードと121種類の植物酵素、そして、アサイーを超えるスーパーフード・マキベリーが贅沢に配合した酵素スムージー『こちら』は粉末状で、水を入れてスプーンで混ぜたら完成。たったの10秒で甘くて飲みやすく、とろっ、ぷるっとしていて美味しいから毎日続けやすいので利用してもいいのかもしれません。

実は、ローラやミランダ・カーのようになれないにしても、友達から美意識高いと言われている私がこのチアシードを試さないわけがありません。
しかし・・・チアシードの食べ方を失敗して、食べるのが苦痛で苦痛で仕方がありませんでした。私だけではなく、チアシードの食べ方に失敗した友達から余ったチアシードを押し付けられ・・・いやいや、プレゼントされて消費するのが大変でした。
チアシードがスーパーフードで身体にいいのは知っているのですが、チアシードがどんなものなのか、効果は?美味しい食べ方など詳しく知らないので、早速調べたいと思います。

チアシードとは?

チアシードは、チアという植物の種です。
正式にはサルビア・ヒスパニカという一年草の種子です。
「チア」はメキシコの言葉で「力」や「強さ」という意味があり、種子「シード(seed)」を合わせてチアシード(力の種)と呼ばれています。

チアシードの原産地は、メキシコ中部でアルゼンチン、ボリビア、エクアドル、グアテマラ、メキシコで栽培されています。
古代マヤ・アステカ時代から食べられていて「大さじ一杯のチアシードで一日生きていくことができる」と言われているほど、非常に多くの栄養成分が含まれ、栄養の宝庫と言われていて「奇跡の食べ物」としてスーパーフードやミラクルフードと呼ばれるようになりました。

チアシードは、ゴマによく似たており、直径1ミリの楕円形です。
1年草で高さ1メートル、葉の長さ4~8センチ、幅3~5センチに成長し紫色か白色の花を咲かせます。色の黒いブラックチアシードと色の白いホワイトチアシードの2種類あります。

ブラックチアシードとホワイトチアシードの違い

チアシード

味・香り・種の大きさには差がありません。
一般的によく売られていて、手に入れやすのは、色の黒いブラックチアシードです。
ホワイトチアシードは、ミランダも愛用していいて海外セレブに大人気のチアシードなのですが、ブラックチアシードと値段はそれほど変わりません。
栄養価が安定しているのは、ホワイトチアシードでブラックチアシードの中に混ざっている栄養価の高い白い種を選別して品種改良したものだからです。
そのため、オメガ3脂肪酸と食物繊維はホワイトチアシードの方が多く含まれていて、低カロリーで高タンパクだと言われています。
また、ブラックチアシードとホワイトチアシードの大きな違いは膨張率で、ブラックチアシートの膨張率が8~10倍、ホワイトチアシードの膨張率は10~14倍と優れており、腹持ちもよく、皮が柔らかく消化吸収もいいのが特徴です。
しかし、ブラックチアシードもホワイトチアシードも便秘解消には、どちらも効果が期待できます。
ホワイトチアシードは栄養素が高いということで、ミランダも好んで愛用しているようです。

この農薬不使用栽培のホワイトチアシードと121種類の植物酵素、そして、アサイーを超えるスーパーフード・マキベリーが配合された『こちら』は、ミランダも飲んでいるスムージーと同じ効果があると言えます。粉末状で、水を入れてスプーンで混ぜたら完成。たったの10秒で甘くて飲みやすく、とろっ、ぷるっとしていて美味しいから毎日続けやすいです。ダイエットに成功している人続出です。

実は、私はブラックチアシードを愛用(?)しいていました。
しかし、ブラックチアシードってなんだかカエルの卵みたいで気持ち悪いな~と思ってドリンクに入れず、ヨーグルトに混ぜてチアシードを食べていましたが、ホワイトチアシードは見た目がタピオカみたいでオススメだそうです。

スーパーフードと呼ばれているチアシードには、どんな栄養成分が含まれているのでしょうか?

・必須アミノ酸
体内で生成することのできない必修アミノ酸は、食べ物から摂取することししかできません。
チアシードには9種類中8種類が含まれています。
アミノ酸は、内臓や筋肉を作るのが主な働きですが、アンチエイジングのためにコラーゲンを必死にドリンクやサプリメントを摂取している女性は多いと思うのですが、このコラーゲンもアミノ酸から出来ています。そのため、肌のキメやハリを整え、髪や爪を美しく保つ働きをするのがチアシードに多く含まれているアミノ酸です。

・タンパク質
炭水化物、脂肪と共に三大栄養素と呼ばれていて、タンパク質は筋肉や内臓の構成成分として重要なものです。
タンパク質が不足すると、筋肉が減り基礎代謝が低下すると、脂肪燃焼機能が衰え、痩せにくくなります。しかも免疫力が落ち、風邪などの感染症にかかりやすくなりますし、脳の働きが鈍くなり、イライラしたり、落ち込んだりとうつ病を引き起こしやすくなります。
肌のハリや髪のツヤがなくなってしまいますので、タンパク質を摂取するためにチアシードは最適な食物とも言えます。

・ミネラル(カルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛)
ミネラル不足になるとイライライしたり、また肌のハリやツヤがなくなってしまいます。
ミネラルを意識して摂取しない限り、現代社会ではなかなか摂取できないとも言われています。そのミネラルを多く含んでいるのがチアシードです。

・オメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)
血液中の脂質濃度を下げる働きがあります。
コレステロールや中性脂肪を下げる効果や動脈硬化・心筋梗塞予防、高血圧予防、認知症予防また、花粉症やアトピー性皮膚炎の緩和、抗うつ作用、美肌効果など枚挙にいとまがありません。
チアシードはオメガ3脂肪酸2.14g含まれていますが、オメガ3脂肪酸が多いクルミを同じカロリー分食べても0.8mgしか摂取することができません。オメガ3脂肪酸の含有量は、チアシードがダントツと言えます。
そのオメガ3脂肪酸が含まれるチアシードは生活習慣病の予防に効果があると言われています。

・食物繊維
グルコマンナンという食物繊維が含まれており、大さじ一杯のチアシードが水を含むと約10倍に膨れるために便秘解消に大きな期待が持たれます。また、食事前に摂取すれば、胃の中で水分を吸収し、チアシードは膨張し、空腹感を抑えてくれ大食いを防ぐことができダイエット効果もあります。
しかも体内のいらないものを外に排出してくれるデトックス作用により、大腸を通過することで大腸を刺激し、便通をよくすることから便秘の改善、腸内を掃除することにより腸内環境が改善され、基礎代謝も上げることができます。知らず知らずのうちに美肌になって、お肌つるつる、ピカピカを維持することができると言われています。
また、脂質や糖質、塩分の吸収を妨げ、血糖値や血中コレステロールを低下させる効果があるために、高血圧やと糖尿病にも非常に効果的ですし、予防する効果もあります。

現代の食生活で不足しがちな栄養素をたくさん含んだチアシードを摂取ことで、生活習慣病になるリスクも抑えられますし、ダイエットや美肌と美容に気を配る女性には最高の食べ物だと言えます。

・カルシウム
日本人は男女ともにカルシウムの摂取量が欧米人に比べるとかなり下回っているのは、よく知られています。
男性は牛乳を飲み過ぎると前立腺がんになるリスクが高くなるという結果も出ているようですし、乳製品のアレルギーがあるために摂取するのが難しい人もいます。
カルシウムが不足すると骨粗鬆症につながったり、認知障害・高血圧などを引き起こす可能性があると言われているため、できるだけカルシウムを摂取したいところなのです。
しかし、アレルギー等などによって乳製品を摂取することができない場合の代替え食品として頭に浮かぶのが、煮干しや干しエビなどの干物や乾物、骨まで食べることができる魚などですが、量を食べるのには限界があります。
乳製品には劣るものの植物性の食品ではチアシードがトップクラスです。

・鉄分
鉄分不足で貧血になっている女性が多く、男女ともに平均的に不足しているのですが、鉄分が不足することによって免疫が低下したり、疲れやすくなったります。
鉄分が多く含まれている食品を思い浮かべるとレバーやゴマ、そしてほうれん草なのですが、なかなか毎日、かなりの量を食べることはできません。意識していても、やはり毎日となると難しいのですが、それに比べ、チアシードには少量でも鉄分が豊富に含まれえいますので、優れています。

・亜鉛
最近の女子中高生は、亜鉛不足による味覚障害になっていると言われています。亜鉛が不足することによって味覚障害意外にも免疫機能が低下し、精神障害を引き起こす可能性があると言われています。
亜鉛を多く含む食品にカキ・アーモンド・ゴマ・卵が代表的なものですが、チアシードは
これらと同様に豊富に亜鉛が含まれています。

これだけでもチアシードのスゴさが理解できました。
しかし、チアシードの摂取量にまたびっくりしました。

チアシードの摂取量は、大さじ1杯(約10g)が適量だと言われています。
一日に必要な栄養素の半分が、大さじ1杯で摂取ができると言われています。
大さじ1杯約58キロカロリーで低カロリーのですが、身体に良いものだからといって、たくさん食べれば良いというものではありませんし、基準を超えてしまうと高い効果が得られませんので、一日に適切な量だけを食べて高い効果を実感したいものです。

チアシードを愛飲している芸能人は?

チアシードが手軽に取り入れることができ、スーパーモデル・やハリウッドセレブが愛用しているということで一気に注目を浴びるようになりました。
その中で特に女性に支持を受けているローラやミランダ・カーがチアシードの効果を紹介し、日本でも一気に注目され始めました。

ローラの朝

インスタグラムの女王と言われ、ファッション・プライベートなどに注目されているローラですが、彼女のあの美しいスタイルは、女性にとって憧れであります。
ローラはモデル・タレント・歌手、そして女優として活躍していますが、ファッションブランドを立上げています。
女優としては、2017年1月公開予定のハリウッド映画『バイオハザード』シリーズの最新作で、ローラは主人公と最後の戦いを挑む女戦士コバルト役で起用されています。
ローラの美しさ・人を惹きつける強烈な個性、強い意志がコバルト役に適役だったと映画製作プロデューサーが語っています。

そんなローラの美しさは、彼女の生活スタイルをインスタグラムやブログから垣間見ることができます。
ローラは、かなりの努力家で自己管理を徹底的にしています。
プロポーションをキープするために、ジムに週3~4回通い、体づくりをしていますし、気づいた時にストレッチなどをするようです。

特にローラが気にしているのは、健康的な食生活で料理本を出版するほどの腕前で、食生活アドバイザーの資格も取得しています。チアシードやキヌアを使った料理も紹介されています。
サラダを先に食べたり、食べる順番を気にしているようです。
ローラは野菜を多めにして食事方法には、気を使っているようです。
どんなに忙しくても、野菜は必ず摂るようにしているそうで、決めたことは必ず守るというのがローラスタイルです。
そんなことからも分かるように、ローラのブログにも登場するのが、チアシード。

朝、ホットレモンにチアシードとはちみつを入れたり、いちごスムージーにチアシードを入れたり、チアシードを使ったプリンのようなデザートのレシピなど、公開しているほどローラの生活には欠かせないものとなっているようです。

仕事の合間にもグリーンムスージーにチアシードを入れて飲んでいるようで、ローラのつるつる肌、ナイスバディは、徹底した自己管理とチアシードだと言えるようですね。
見習わなければ!!

また、ローラと同様、日本女性から多くの支持を受けているのが、ハリウッドセレブでトップモデルのミランダ・カーです。
ミランダは、親日家で有名で度々来日しています。ミランダのインスタグラムには、日本食が大好きで伝統的な日本の朝食の写真がアップされていたり、温泉の浴衣姿を披露していたりと、靴を脱いでリラックスできる日本の和室が落ち着くので好きだということです。

ミランダは、オーストラリア出身で栄養学を学んでおり、インナービューティを重視し、美と健康をキープするための食生活を熟知しています。

ミランダ

少しでもミランダに近づきたい女性に、ミランダ流の美容・健康法をご紹介したいと思います。

・80:20ルール
ガンマンするとストレスが溜まり、食べて過ぎてしまうためにミランダは、チョコレートなど食べることもあるそうです。
ミランダが取り入れている『80:20ルール』というのは、80%は野菜などヘルシーな食事を摂り、20%は好きなものをご褒美として食べたいものを食べるようにしているようです。つらい食事制限はリバウンドも招いてしまうためだとミランダは語っています。

・日本食を食べる。
世界中でヘルシーな料理と言われ、和食は、ユネスコ無形文化遺産に登録されていて、食材そのものを活かし、旬を大切にする特徴があります。新鮮で旬な食材に手をあまり加えず、そのものの風味や良さを引き立て、栄養バランスの優れたものと言われています。

私たちは、あまり考えることなく毎日食べている日本食ですが、ミランダは、日本食が大好きでお米・梅干・味噌汁・海苔といった日本の朝食のようなスタイルで食べているということです。

ミダンダも積極的に食べている『梅干し』は、クエン酸が豊富でダイエット・美肌効果があり、疲労回復効果もあるので、多くのモデルも美容食として食べているそうです。

また、味噌汁も発酵食品であり、脂肪燃焼を促進するアミノ酸が豊富でダイエットにも効果的であり、たっぷり野菜を入れた味噌汁は、栄養素やエネルギーを補えるスープということで、ミランダも食事に取り入れているということです。
また、海苔はミネラルが豊富となると疎かにしていた日本伝統的な朝食をミランダから教えられたような気がします。

・毎日ヨガ
ミランダは、ヨガやピラティスを行っているようです。
俳優オーランド・ブルームと2017年に結婚し、長男フィン君を妊娠中に17キロも体重が増えたというのですが、わずか2ヶ月で以前のような美しさを取り戻しています。
その時も、ヨガを取り入れていたということです。
毎日10分でもいいので、簡単なポーズを取り、コアを鍛えることを続けているそうです。
決して苦しいトレーニングなどせずに、楽しみながらミランダはヨガや瞑想をしています。ヨガは深く呼吸をしながら身体を動かすことで、精神にも体にも効果があり、血行やリンパの流れよくなります。

・脚を組まない。
脚を組む癖のある女性って多いですよね。気づくと脚を組んでいることが多く、しかも、同じ脚を上にしています。これって、左右どちらかに身体が歪むことになり、結果的に痩せにくくなってしまうために、ミランダは脚を組まないようにしているそうです。
しかも、姿勢を正しく保つことが体型を維持するのに大きな役割を果たしています。

ミランダの美しいプロポーションは、意外にも簡単で誰にでもすぐに始められる美容法です。

そんなミランダは、毎朝オリジナルスムージーを手作りしているそうです。
その日の体調や肌によって、ココナッツミルクやココナッツウォーターをベースにアサイーやカカオパウダーやスピルリナなどのさまざま材料をブレンドしてスムージーを作っているのですが、必ずチアシードを食わるのがミランダ流です。
栄養学を徹底的に学んだミランダだからそことも言えるのではないでしょうか。

ミランダが愛用しているチアシードでスムージーを手軽に、また美味しく食べることができ農薬不使用栽培のホワイトチアシードと121種類の植物酵素、そして、アサイーを超えるスーパーフード・マキベリーが配合された『こちら』は粉末状で、水を入れてスプーンで混ぜたら完成。たったの10秒で甘くて飲みやすく、とろっ、ぷるっとしていて美味しいから毎日続けやすいので、オススメです。

ビクトリア・シークレットのランジェリーモデルで披露した抜群のプロポーションをキープするために、また、ダイエットや美肌効果のあるチアシードはミランダの美しさの秘密なんですね。

ローラやミランダ・カー意外にも歌手のマドンナ、モデルの道端ジェシカや藤原紀香など多くの芸能人がチアシードで美容と健康どっちにも効果的なので、愛用しているそうです。

ローラ、ミダンダが愛飲している「チアシード」の効果は?

ローラやミダンダが愛飲している「チアシード」の効果を探っていきたいと思います。
これまで、チアシードが美容や健康に良いのかということを説明しましたが、さて、具体的な効果はどんなものでしょうか?

期待できる効果として、特に女性はローラやミランダのように美しく、ナイスバディになれるのかということが一番気になるところではないでしょうか?

・ダイエット効果
チアシードには『スーパーダイエットフード』という別名があるほどでダイエット効果は大きな期待が持てます。
チアシードに含まれるグルコマンナンは、水を含むと約10倍の量になることから、食事の20分前までに少し摂ることで胃の中で水分を吸収し膨らむために満腹感が得ることができるので、大食いや間食を防ぐことができ、自然と食事の量を減らすことができます。そのためにダイエット効果を発揮してくれます。
食前に摂取することで血糖値の上昇を抑え、脂肪がつきにくくなる効果もあります。
一人によりますが、チアシードを愛飲し始め1ヶ月でダイエットに成功したという人もいるようですが、2~3ヶ月続ければ、ダイエット効果が期待できるそうです。

・アンチエイジング効果
チアシードには、必須脂肪酸の一つであるオメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)が豊富に含まれており、アンチエンジングにも効果的です。
抗酸化力が優れており、ストレスなどにより老化やガンなどの病気の原因となる活性酸素の働き抑えてくれます。
また、脂肪を分解してくれるリパーゼという酵素の働きを助けてくれます。また、中性脂肪やコレステロールを下げる働きもあります。
しかもチアシードには必須アミノ酸が9種類のうち8種類が含まれています。
皮肌の潤いをキープするコラーゲンはアミノ酸からできており、肌のキメやハリを整え、髪を美しく保つ働きをしてくれます。
しかし、必須アミノ酸は体内で生成されないために、食べ物から摂取する必要があり、このアミノ酸を多く含むチアシードは優等生と言えます。
美肌を作り出してくれるのもチアシードに含まれる鉄分の効能より、シミやしわの原因を予防したり、活性酸素を除去する亜鉛の効能により肌や髪の美しさをキープしてくれ、キレイの基となる成分が豊富に含まれています。

なるほど、ローラやミランダが愛飲しているチアシードスムージーを薬不使用栽培のホワイトチアシードと121種類の植物酵素、そして、アサイーを超えるスーパーフード・マキベリーが配合された『こちら』は粉末状で、水を入れてスプーンで混ぜたら完成。たったの10秒で甘くて飲みやすく、とろっ、ぷるっとしていて美味しいから毎日続けやすく、アンチエイジングに良いのがわかりますね。

スーパーフード

・便秘解消効果
チアシードはグルコマンナンという水溶性食物繊維が豊富に含まれています。
この食物繊維は水溶性と不溶性の2種類があり、日本人女性の便秘の主な原因の一つが水溶性食物繊維の不足が挙げられていることからチアシードを摂取することにより、便秘の解消につながります。
ダイエットで食べる量を減らすことにより、便秘になりがちですが食物繊維は、チアシードを食べることにより食べる量を減らしても、体内で吸収されずに他のものと一緒に体外に出ていくために腸のぜん動運動が促されるために便秘解消にも効果があります。

ただ、チアシードには食物繊維が豊富に含まれているため、便秘体質でない方が摂取することで下痢や腹痛などの症状が現れることがあります。
チアシードの食べ方として、そのまま食べると胃や腸の水分を吸収することによって含みすぎて便秘になってしまう可能性がありますので、水分と一緒に摂取する食べ方で効果を引き出せます。

・生活習慣病予防の効果
オメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)には、体内の働きをスムーズにしてくれる役割があります。コレステロールを下げる働き、高血圧や高脂血症といった生活習慣病を要望する効果がありますし、代謝機能も促すことからインスリン分泌量を抑えることができるために糖尿病の改善や予防に役立つと考えられています。

・PMS改善効果
オメガ3脂肪酸のひとつであるα-リノレン酸は、ホルモンバランスを整える効果があると言われており、PMS(月経前症候群)改善に有効と言われており、ダイエットだけではなく、女性機能を整える成分も豊富に含まれています。

・イライラ解消の効果
ストレスは美容や精神にとって大敵です。
イライラしていると
「カウシウムが足りないんじゃないの?」
とよく言いますが、チアシードには豊富に含まれており、身体機能を整え、心を落ち着かせる機能があります。
また、血液サラサラ効果やアレルギー症状を抑えてくれる効果もあります。
私にぴったりかも・・・(汗)

チアシードのおすすめの食べ方は?

私がチアシードを泣く泣く消費しないといけなかった原因は、食べ方が間違っていました。
ローラやミランダのように美しく健康、そしていつもハッピーでいられるように正しいチアシードの食べ方や十分に効果を引き出す食べ方をご紹介したいと思います。

さて、私の食べ方で何が間違っていたのかといいますと、ヨーグルトに混ぜて食べていたのですが、別にこの食べ方が間違っていたのではなく、ヨーグルトの量がチアシードの量に比べると極端に少なかったために、モサモサ、喉が詰まりそうで、しかも、元々便秘症だった上に便秘がひどくなってしまい・・・と悪循環でした。

ただ、そのままの状態でも食べることのできるチアシードなのになぜ?
そのまま食べ、お腹の中で水分を大量に吸収して、胃の中の水分を奪ってしまい、詰またと思われます(汗)

ダイエットや便秘解消の効果を出すためのチアシードの食べ方として、基本的には水に浸して戻して摂取するのが望ましいと言えます。

チアシードの戻し方ですが、少し面倒だと思われるかもしれませんが、簡単です。
きちんと守ることでダイダイエットや美容・便秘解消に効果を発揮しますので、以下の3つは必ず守るようにして下さい。

・チアシードは12時間水につける。
ミトコンドリアどうという発芽毒が含まれているということで、発芽させたり、水に浸すといいと言われています。チアシードだけではなく、芽が出る植物が持っている毒で、発芽することでなくなります。

・チアシードの10倍の水の量につける。
絶対に水(常温)で戻してください。オメガ3脂肪酸は熱に弱く、40度以上で効果がなくなるためです。
しかし、ホワイトチアシードに含まれるオメガ3脂肪酸の成分は、なんと!熱に強いのでコーヒーやホットミルクなどのホットドリンクに入れたり、味噌汁やスープに入れる食べ方も可能です。
ブラックチアシードは温かい飲み物や熱を加え内容に注意してください。

・一日大さじ1杯を飲む。

チアシードは戻しても1週間から10日間保存が可能ですので、毎日戻すのが面倒くさいと思われる方は10日分を戻して、冷蔵庫で保存しておくことができます。

レシピ

チアシード自体には味も匂いもありませんので、どんな食材と合わせてもケンカすることがありません、そのため、ヨーグルトに混ぜた食べ方をしている人が多いようです。
ヨーグルトに混ぜることによって、乳酸菌を一緒に摂ることができ、乳酸菌の吸収を高めるオリゴ糖も入れると効果を高める食べ方になります。

チアシードのダイエット効果を上げる食べ方と時間帯は、食事の30分から1時間前に摂取することによって、おなかの中で膨らみ、満腹感を得ることが出来るので食べ好きを防止することができます。
食事の前にチアシードを摂取しておくと血糖値の上昇が緩やかになり痩せやすくなります。

便秘解消をするための食べ方としては、朝食に食べるようにすることです。
朝、冷たい水を起きたときに飲むと腸が動き出すので、便秘解消になると言われているのと同様にチアシードも朝食に食べることで腸内の運動が活発にできると言われています。
その食べ方は、ヨーグルトや牛乳に混ぜて食べたり、味噌汁に入れて食べることもできますが、熱に弱いので、食べ方として40度以下のものに混ぜるようにしてください。
1週間ほど食べ続けると、便意を感じることができるとされています。

ダイエットにも便秘にも良い食べ方として、どちらも朝食に食べることがオススメです。
チアシードは無味無臭なので、何に混ぜて食べることができます。
そのために、時間のない朝の時間帯に手軽に摂取する食べ方が、ヨーグルトに果物を入れたり、牛乳や果物・野菜を使ってスムージーを作って、そこにチアシードを入れて混ぜるだけで、腹持ちもよくなり、食べごたえがあり、満腹感もアップします。

ローラもミランダも栄養豊富なグリーンスムージーを手作りして、チアシードを混ぜたチアシードスムージーを朝食として愛飲しています。

朝の忙しい時間にスムージーを毎日手作りするのはムリだよ~という方は、農薬不使用栽培のホワイトチアシードと121種類の植物酵素、そして、アサイーを超えるスーパーフード・マキベリーが配合された『こちら』は粉末状で、水を入れてスプーンで混ぜたら完成。たったの10秒で甘くて飲みやすく、とろっ、ぷるっとしていて美味しいから毎日続けやすいです。ダイエットに成功している人続出です。

スーパーフードが次々と登場していますが、価格的にも比較的お安く手に入り、栄養成分も驚くほど多く含まれているチアシード。
『ローラ、ミダンダ愛飲「チアシード」の効果と食べ方は?』というタイトルで記事を書きましたが、私も改めて、チアシードのパワーを知りました。
美容・健康にも気を使って、ローラやミランダにはなれませんが、少しでも近づけたらなと思いながら、美意識を高めたいと思います。
アラフォーだから・・・と諦めずにみなさんも一緒に頑張りましょうね!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 夜の仕事(水商売)から昼職に転職するには?

    夜の仕事(水商売)から昼職に転職するには? アラフォー独身女性の応援団長ブログライターのH…
  2. ユーグレナパーフェクトグリーンお試しパックの口コミと評判は?

    ユーグレナパーフェクトグリーンお試しパックの口コミと評判は? アラフォー独身女性の応援団長…
  3. 女性におすすめの転職サイトランキング(30代・40代)

    女性におすすめの転職サイトランキング(30代・40代) アラフォー独身女性の応援団長ブログライ…

カレンダー

2017年11月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

編集長プロフィール

PR

免責事項

当サイト上に掲載されいる情報の内容については万全を期しておりますが、これらの情報によって万が一いかなる障害が生じた場合も、当社および情報提供者としては一切の責任を負いかねますのでご了承の上、ご利用いただきますようお願い申し上げます。ご質問やご相談はこちらまでお問い合わせください。
ページ上部へ戻る