女子ゴルフのかわいい服装は?

アラフォー独身女性の応援団長ブログライターのHIROMIです。

女子ゴルフのかわいい服装

クラブ

ゴルフというとおじさまたちの趣味とか接待ゴルフが一昔前のイメージで、ゴルフ番組と言ったら男子ゴルフやレッスンも男性向けに作られた番組が多かったり、ゴルフのレッスンに行ってもほとんど女子を見かけることがなくきちんレッスンもしないままで休日に打ちっぱなしに行き、クラブを受付で借りてゴルフボールを嫌いな人の顔に見立てて思いっきり、グラブを振っていた私です(笑)
また、それが飛距離がすごく伸びていたのでストレス解消には持って来いのスポーツでしたって、スポーツじゃないですね、単なるストレス解消だけですかね。だから、なかなかゴルフ場への出入りは敷居も高く、おまけに会員制のところしかなかったのでコースに出たというと・・・パットパットゴルフが関の山ですって、ゴルフとは呼べないです(笑)

そう言えば、私が学生時代に一気にゴルフが広まった時期とも言えるのではないかと思うのですが、丁度、バブル時期におじさまたちに連れられて若い女性がゴルフを始めたというのもありますし、トレンディードラマ最前線だった時に『W浅野(死語?)』の浅野ゆう子がかわいい服装でゴルフをしている姿がテレビに出たり、石田純一もオシャレな服装で華麗にゴルフをしていたのがきっかけに瞬く間に誰もが注目するようになったスポーツだと言えるのではないでしょうか?その当時はアマチュアゴルファーはオシャレな人がするものだと思っていました(笑)
最近はタレントやモデルもこぞってゴルフを始め、大きなゴルフトーナメントの前哨戦としてプロアマチャリティートーナメントが開催されていますが、昨年は叶美香、蛯原友里、山岸舞彩、AneCan専属モデル・森絵里香、モデルで女子プロゴルファーの藤田光里の妹・藤田美里、AKB48山内 鈴蘭、モーニング娘・生田衣梨奈、森下千里、矢部美穂、内田恭子、千野志麻等、タレント・モデル・女優・女子アナが参加しています。ここまでゴルフ人口が広がってきているのですからゴルフメーカーやゴルフに関する全般が女子受けするものもたくさん出ているのも納得します。

ゴルフ

もっとゴルフの裾野が広がったのはオシャレな服装でかわいい女子プロがラウンドしているのを見かけることも多くなったのも一つの要因ではないかと思います。
少し前は申し訳ないのですが、かわいいなんて口が裂けても言えないようなブサイクな女子プロもいましたし、いつも疑問に思っていたのが、18ホールを歩いて回っているのにどうしてあんなにおデブちゃんなのだろうか?お尻なんて、どうやったら、そこまで大きくなれるんだろう?と思うほどでした。だから、女子プロがかわいい服装をしてゴルフをプレイしている姿を見たこともありませんでしたし、ゴルフバカでオシャレもしない、あっ、違いました。オシャレもできないのかと思っていました。失礼な話ですけどゴルフをしている人はなりふり構っていられない、服装・スタイルなんて考えている暇があったらゴルフの練習をしないと賞金女王にならないと、ランキングが・・・なんて考えていたのではないかと思わざるを得ません。
しかし、現在は「かわいい服装を用意して下さい」と契約しているスポンサーにお願いしている女子プロもいるとか、時代が変わればゴルフに関する概念まで変わってしまうものなのだなと思います。確かにゴルフも上手、服装もかわいい、スタイルも抜群ときたらゴゴルフトーナメント以外にも収入が入ってきますし、ゴルフは寿命の長いスポーツとはいえ自分の中で限界を感じたら引退も考える筈です。そうなると現役時代に少しでもかわいいと言われたり、オシャレな服装をしてファッションセンスもあると言われておけば芸能界入りも間違いなしですし、何より女子なのでかわいい服装をしていれば気分も上がってゴルフにもいい影響が出て来ているのかもしれません。そのために次から次へと彗星のごとく、かわいい女子プロの選手の名前を聞かない日はないほどです。

ゴルフと言ってもクラブでボールを打ち、グリーンにあるカップにどれだけ少ない打数で入れるかということは知っているものの、細かいルールやマナーそして起源や歴史を知らない人もいると思うので、まずはゴルフの説明からしたいと思います。

ゴルフの起源と歴史

ゴルフはイギリス発祥で紳士のスポーツと言われているところから私の中では「ゴルフ=男子ゴルフ」になってしまっていますし、子供の頃に日曜日の午後、友達と遊んで帰宅した時に何か観るものがないかとテレビをつけると必ずどこかで男子ゴルフの中継をやっていることも頭に焼き付いていて、どうしてもゴルフと言えば男子という構造になってしまっています。脳への刷り込みって怖いですね。
しかも、石川遼くんが高校生ながらプロになった時に世の奥様方が韓流俳優を追っかけるのと同様に怒涛を組んでゴルフ場へと足を運び、また自らゴルフのレッスンへいき、レッスンプロに恋をしたり?してゴルフ人口が増えたのも、やはり男子プロがきっかけと言えばきっかけのような気がします。
男性は女子ゴルフを観たのがきっかけなんてことはない筈だと思います。ただ、サラリーマンのおじさまは女子ゴルフを見て「おっ、可愛い子がまた、出てきたな~」とかオタクがたまたま女子プロをテレビで見かけてアイドルを追っかけている気持ちでゴルフをみているくらいではないでしょうか?
しかし、ゴルフは『紳士のスポーツ』というのをさすがに知っているのか、ゴルフ場までカメラを持って殺到することはないと思います。

ゴルフの起源と歴史から相当、離れてしまったので軌道修正いたします。

ゴルフの起源はさまざまな説があるようで、一番面白かったのが、実は、モグラが開けた穴を現在で言うホールとして利用してゴルフを楽しんだという話がなんだか、想像するとかわいいというかあるものを利用して日常生活を楽しんだのだなと思いました。
しかし、ゴルフの起源ははっきりとした定説がないらしく、スコットランド、オランダ、中国など世界各地に発祥説があり、どこの国もうちが発祥だと言いたいのではないでしょうか?だって、紳士のスボーツですから(笑)

スコットランド説・・・北欧が起源の「コルフ」という打ったボールを柱に当てるスポーツがスコットランドに伝わり、柱をモグラの穴に変えてボールを入れるというスポーツに変化していった。って・・・それならスコットランドではなく北欧が起源ではないのかな?

ゴルフ1

オランダ説・・・オランダからスコットランドへゴルフボールを輸出していたという書類が発見されたり、ゴルフらしきスポーツをしている絵が見つかったりしているので、オランダの「フットコルフェン(ヘットコルフェン)」という球技から来ていると有力な説がある。

中国説・・・元の時代の書物『丸経(ワンチン)』に「捶丸(チュイワン)」という競が掲載されていて、もし捶丸がほしいのゴルフの起源ということになると五代十国の時代にまで遡ることになるそうで、かなり古くからあったスポーツだと言えることになるでしょう。
でも、申し訳ないですが、中国がゴルフの起源だと『紳士のスボーツ』なの?と思ってしまいます。

起源がもし中国だと仮定しても、歴史を紐解いていくと、やっぱり違った‼ってことになるかもしれませんね。

ゴルフの歴史は、起源には諸説いろいろありますが、ゴルフがただの遊びからスポーツへと趣を変えたのは、スコットランドであることは間違いないないようです。
時を遡ること1457年、スコットランド・国王ジェームズ2世は貴族たちがあまりにもゴルフばかりして怠けていたので『禁止令』が出したと言うことです。
ゴルフはスコットランドの東海岸で娯楽として広がりました。ですから、現在も全英オープン選手権は開催ゴルフ場も限定されていてシーサイドリンクス (海岸に立地する場) と決められていて、現在持ち回りで開催されていますが、ゴルファーの憧れの聖地セント・アンドルーズは5年に1度の開催は決まっているそうです。例外もあり、『ゴルフの帝王』と日本では呼ばれている史上最高のゴルファー ジャック・ニクラスの引退の年は、1年前倒しでセント・アンドルーズで開催されたこともありました。

スコットランド人によってゴルフの面白さや楽しさが広められていったのは、イギリスが世界を席巻していった時代です。
1880年代にイングランドで一気にゴルフブームが巻き起こったため、イングランド各地にゴルフ場が建設、またイギリス人によって世界にゴルフ場を建設してからゴルフが世界的なスポーツに発展していったそうです。

やはり起源はどこかよく分かりませんが、ゴルフはイギリス発祥だと言っても過言ではないほど貢献していますし、紳士のスポーツと呼ばれる所以なのでしょう。
服装にもスコットランド地方の民族衣装に用いられているタータンチェックが使われているのもここからなのでしょう。タータンチェックは、誰着ても似合うし日本では制服にもよく使われていますがかわいいですよね。伝統的な物から渋い物、そして、女子が大好きなかわいい物、小物もあったり、服装ポイントに入れてみたり、使い勝手のいい柄です。ハンチング帽を私も持ってますが、これが似合うんですよ!被り物得意ですから(笑)

ゴルフのルールとマナー

ゴルフのルールをきちんと知っていますか?



実は、私はあまり良く知らないのに流行りに乗って始めようとしていたのですが、迷惑ですね、私みたいな初心者も大勢いるのではないでしょうか?ただ、棒(クラブ)でボールを打ってホールに入れるまでの打数が少ない方が勝ちでしょ?ぐらいのレベルでした。
あとはキャディーさんがファーって叫ぶのは、ボールがあらぬ方向へに飛んでいってしまい、隣のホール・カートや歩いてラウンドしている人たちに危険を知らせるために叫んでいます。たまに友達が寒いギャグを言うとファーって叫びたい気持ちになることがありますけど(笑)
でも、大体ゴルフのルールは合ってると思うのですが・・・間違っていたらいけないので調べました。

ゴルフは通常4人で1組でコースを回り、最初、所謂試合開始の第一打目を打つ順番を決めるのは特別なルールはなく、じゃんけんでも身長の高い順でも何でもいいそうです。そのためにくじ引きで順番を決めることが多いみたいで、子どもがゲームをする順番を決めるみたいな方法なんですね。
しかし、試合になると話が別で主宰者側が決めます。そりゃ~、団体競技のサッカーやバレーボール等と違い個人プレイヤーですし、同じ組の中に人気ゴルファーがかたまってしまうことも避けるのではないでしょうか?でも、私たちはゴルフを観るのには1つの組に大物ゴルファーがいるほうがいいのにって思っちゃいますけど(笑)

全員が第一打目を打ち終えた後は、ホールなのから遠い人から順に打っていきます。これは、後ろからやってくる別の組のためにという、これまた紳士のスボーツ的なところが表れています。

池やバンカー、またコースは真っ直ぐではなく左右に曲がっていたり、途中は曲がった先にハザード(障害)が設置されていたり、グリーンが見えないように設計されています。そんな罠にはまらないようにしながらグリーンに近づく作戦を考えて行うのがゴルフの楽しみとも言えますし、また試合になると個人プレイいうこともあり精神力の強いプレイヤーが優勝出来るスポーツと言われています。

ここから私がよくわからない領域になってくるんですよね。言葉は知っているのですが、なんのこっちゃ!?的な感じなのでお勉強したいと思います。

・OB(Out of Bouns)・・・打ったボールがプレイしているホール以外の場所(例えば隣のコースに行っちゃったとか山の上に上がって明らかにボールが打てない状態になったとか池ポチャ等)に飛んじゃった時です。
この場合は、1打プラスして打ち直しをするのですが、打ち直しをする場所はOBにしてしまった場所の近くにドロップ()え~、それって上からぽとりと落としたところから打ち直しをします。
だから、石川遼くんが池ポチャした時に靴や靴下を脱いで池に足を入れてまでショットしていたんですね、納得です。

石川遼

木、草、岩などは邪魔になっても決して動かしたり壊したりしてはいけないそうです。って、当たり前ですよね、ゴルフじゃなくても、そんな行為をしたら常識はずれも甚だしいです。
ただ、枯れ葉は取り除いてもペナルティにはならないルールで「ルースインペディメント」と呼びます。そう言えば、聞いたことがあるかもしれません。
実は、空振りも1打としてカウントされます。空振りがカウントだったら私はカウントだけでスコアが埋まっちゃいますね(汗)
カップに入れるまでの打数の呼び方があるのですが、それはあらかじめ各ホールに入れないといけない打数が決めてあります。
・パー(Par)・・・ホールに決められた打数とひとしい打数でホールに入れる。
・バーディー(Birdie)・・・1打少ない。
・イーグル(Eagle)・・・2打少ない。
・アルバトロス(Albatross)・・・3打少ない。
私はアルバトロスまでしか聞いたことも観たこともないので省略させて頂きます。
逆に決められた打数より多かった時は以下の通りです。
・ボギー(Bogey)・・・1打多い。
・ダブルボギー(Double bogey)・・・2打多い。
・トリプルボギー(Triple bogey)・・・3打多い。
少ない打数の時は呼び方が色々あるのに打数が多くなっていっても、頭に2,3を示す単語が付いているだけなのはなぜなのでしょうか?

・ホールインワン・・・1打でカップに入れたことをこう呼びます。アマチュアでは、ホールインワン保険があるほどで、ホールインワンしたプレイヤーが保険に入っていないと破産してしまうほどゴルフ仲間に記念品を出したり、パーティを開催したりとたいへんみたいです。

モグラ

ゴルフのマナーは大事です。だって、紳士のスボーツですもん、マナーを知らないとゴルフをやる資格がないと思いますので必ず覚えておきたいマナーがあります。

・時間に遅れない。
スタートの30分前にはゴルフ場に到着し、10分前にはグラウンドに到着しましょうって、分かってますよね。10分前行動、5分前集合じゃないですけど、毎日遅刻していた友達がゴルフだけは30分前には到着しているというのを聞いてビックリしているくらいです。
・人への邪魔をしない。
大きな声でしゃべらない、ほかの人の迷惑になるようなことはしない。
ゴルフのテレビ中継を観ているとプレイに入る前に観客に向かって「静かにして下さい」のような看板を見せているのを見たことがあります。精神力と集中力が必要なスボーツだけあります。
・ボールを打ったつもりがグリーンを打ってしまって芝生を掘り返してしまったり、靴で穴を開けてしまったら必ず面とに戻しておきます。

どれも日常生活にも当てはまることで当たり前のことなのですが、人に迷惑をかけることをしなければ、ゴルフだからって頑張る必要がないと思います。

女子には敷居が高いと思っていたゴルフですが、今やモデル並み、しかも姉妹でかわいい女子プロが増えてきていますし、また服装もタウン着にも使えそうなものも多くなってきました。

女子ゴルフのテレビ中継も増えて始めたのが、宮里藍・横峯さくらがプロに転向して一気に注目を浴びました。まだ、10代だったのもありマスコミは挙って彼女たちをメディアで取り上げていました。
横峯さくらにおいては、何を勘違いしたのか写真集まで出し自分をかわいいと思っていたのかアイドル気取りでしたし、父親は能力があるのかないのか分からないですが、娘の知名度で国会議員なり・・・見てると痛すぎる感じもしました。

女子プロ

かわいいとおじさまに人気がある有村智恵は、グリーン場に借金取りが乱入してきたこともあっそうです。本人が借金していたわけではないようですが、精神的にかなり動揺したのではないでしょうか?心中ご察し申し上げます。
彼女はCMにも出演しているのですが、また顔もかわいいですが服装もピンクを基調として、すっきりまとめています。女子的な目線で見るとかわいい過ぎと思えるような服装でも、サラリッと着こなしているので、お見事です。

有村智恵

女子ゴルフに火がついたと言っても、観ているのは男性ばかりなんですよね。ゴルフレッスンもかわいいアイドルを使っている番組を見かけますが、確かに初心者向けなのでしょうが、視聴者はおじさんで女子はイケメンのレッスンプロがいるような練習場に足しげく通っているのが事実のようです。
結局、男性目線で番組を制作されているのだなって思います。そりゃ~、男性よりミニスカートを履いた女子がレッスンしている姿を周りに気兼ねせず、ガン見できるのですから、女性目線ではないのは当然ですね。

ミニスカートと言えば、服装のルールというかマナーもある筈です。かわいい服装ならなんでも許されるわけではないと思いますが、ミニスカートって最近の女子ゴルフでは当たり前の服装になっていますが、本当のところはどうなのでしょうか?
以前はミニスカートやショートパンのような肌の露出の多い服装をしている女子プロを見たことがなかったので、OKになったのは最近の事なのかもしれません。
女子にかわいい服装からゴルフに親しんでもらおうとした策略なのでしょう。
以前は観戦チケットは女性や子どもは無料だった気がしますし、なかなか観戦にも行かなかった時代がありますので、完全に策略でしょうね。

さて、ゴルフ場での服装は女子も男子も襟付きのシャツやポロシャツ、パンツルック、シューズが基本となっているそうです。
当たり前ですが、ジャージにサンダルは勿論、ジーンズもNGな服装になります。普通に時と場所を考えるとゴルフだろうと日常生活だろうとNGな服装は同じですね。最近はジーンズはどこでもOKな風潮になりつつありますが。
必須とまでいかないにしても、女子も男子もプロは全員、帽子やサンバイザーを被っていますが、何故かと言いますと女子は日除けではなく、ボールが間違って飛んできた時に頭や顔を出しか守るために被っているそうです。あとボールが茂みや林の中に入ってしまい探している時に小枝などから瞳を守るためらしいです。

最近、女子プロでショートパンツやミニスカートをはく人が増えましたが、男性も意外とショートパンツ履いている人を見かけるようになりましたが、履いていい人といけない人がいるので気をつけてほしいですよね(笑)⬅女性目線です。

ロングパンツがいい理由として帽子と同じようにボールが林や茂みの中に入ることもあり、怪我防止になります。
女子プロの服装も格段にかわいいものが増えてきました。
モデルの蛯原友里や押切もえ、最近では森絵里香の服装がかわいいので参考にしてみるのもいいと思います。少しご紹介しますが、基本的にタータンチェック柄がどこかしら入っているでサインが多いのですが、伝統のベージュや深いグリーンよりもパステルカラーや紺色を基調にしたタータンチェックが多いように思いますが、どんな色使いでも、誰が着てもタータンチェックはかわいいし、似合ってしまう服装に早変わりです。

えびちゃん

押切もえ

森絵里香1

タレントの萬田久子がゴルフをしているときの服装が私は大好きです。洗練されたおとなの女性の雰囲気で颯爽とグリーンを歩く姿は憧れます。

萬田久子

女子は服装がかわいいからと言ってゴルフに始めもいいと思うのです、きっかけが服装ってありですし・・・ただ、服装だけでマナーも何もなければ論外です。また、ゴルフだけで日常生活では好き勝手にやりたい放題やっているのは、非常識なので人の立場になって行動の出来る女性は最高です。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 夜の仕事(水商売)から昼職に転職するには?

    夜の仕事(水商売)から昼職に転職するには? アラフォー独身女性の応援団長ブログライターのH…
  2. ユーグレナパーフェクトグリーンお試しパックの口コミと評判は?

    ユーグレナパーフェクトグリーンお試しパックの口コミと評判は? アラフォー独身女性の応援団長…
  3. 女性におすすめの転職サイトランキング(30代・40代)

    女性におすすめの転職サイトランキング(30代・40代) アラフォー独身女性の応援団長ブログライ…

カレンダー

2017年9月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

編集長プロフィール

PR

免責事項

当サイト上に掲載されいる情報の内容については万全を期しておりますが、これらの情報によって万が一いかなる障害が生じた場合も、当社および情報提供者としては一切の責任を負いかねますのでご了承の上、ご利用いただきますようお願い申し上げます。ご質問やご相談はこちらまでお問い合わせください。
ページ上部へ戻る