男性に好かれる髪型と服装は?

男性に好かれる髪型と服装は?

アラフォー独身女性の応援団長ブログライターのHIROMIです。

毎朝悩んでいる人も多い『男性に好かれる髪形と服装は?』というタイトルで記事を書きたいと思います。

最近、前夜に一生懸命に髪型を整えて寝ているにも関わらず、夜中に寝汗をかいてぐずぐず、雨がよく降るし、湿気が多いので毎朝、時間に追われながら必死に整え、きれいに髪型がまとまっていたのに会社に到着するとふにゃふにゃになっている経験はありませんか?
私なんて毎日なのですから皆さんも一度は経験があると思います。

        無題1

私の髪質は湿気を吸って膨らむので、天気予報で雨マークが出ているのを見ると憂鬱になります。でも、膨らむと言っても皆さんが想像しているよりもはるかにスゴいんです。
なんと!!頭が倍になったのでは?と思うほどで頑張って髪型をばっちり決めたと思い、気分よく仕事に出掛けたと思っても会社のトイレで確認すると大きなため息が3つ4つは平気で出てきます。この髪質はなんとかならないものでしょうか?
雨が降ろうが槍が降ろうがキレイにまとまっている髪型の女性を見るとどんな方法で髪型を整えているのか声をかけたくなります。

でも、この髪型を決める要素の一つに髪質が大きく関わってくるので、毎日ちゃんとお手入れをしていたらサラサラ・つやつやの髪質になります。と言っても「やっぱり遺伝もあるでしょう?」と思われるかもしれませんが、ホルモンバランス・生活環境(食生活や睡眠など)から髪質が変わってきます。
夏休みに海へ行った時や冬にスキー場へ行った時のことを思い出してもらうと分かると思うのですが、髪を触るとバッサバサでそのままブラシをかけるとちぎれちゃうのではないかとびっくりしたことがあると思います。
肌と同じように髪も紫外線の影響を受けるので、最近はスプレータイプで髪の毛にも利く日焼け止めが出ているのはそのせいです。
男性に好かれる髪型というのは、髪質やお手入れを含めてのことになってくるので、しっかりケアをする必要があると思います。だって、男性は女性の髪を触るのが大好きですよね、女性も男性に頭を撫でられるのが大好きですよね、うふ。
お手入れの行き届いたさらさらの髪の触り心地が気持ちがいいのは当たり前なので、男性に好かれようと思ったら生活環境も整える必要もあります。髪がボサボサだったら生活環境も悪いと想像は簡単にできし、「こいつ、女を捨ててるのか?」と思いますし、そんな女性をあえて選ぶ男性はいないので、いくらステキな髪型をして好かれようと思ってもムリだと思います。
髪型変えても気が付かない男性ですが、実は髪型は見ていなくても髪質なんかは見た目で分かるので男性はしっかりチェックしているものです。

そして、朝の1分は昼間の2~3時間に匹敵するほど貴重な時間ですよね。
髪型以外にもバタバタしてしまうのが服装選びで、とっても苦労します。おまけに服装を失敗すると一日中気分が悪くて、私なんて服装の色合わせを間違えると帰宅するまで機嫌が悪いです。色合わせは部屋でOKと思って選んだのはいいけれど、「いってきま~す」といったん外に出たら、あら?違う!と思うと歩いている自分の服装を窓で見る度にガックリ・・・と同時にイライラし始めてご機嫌ななめになっちゃうんですよ。
えっ?前夜に選んどけって話ですよね・・・そうなんですが、それができなズボラな私です。
たとえ、夜に選んでいたとしても朝の天気によって服装を、選び直さないといけなくなることもあったりして、結局、意味ないじゃんってこともあり、朝の服装選びも大変です。
会社によっては制服があると、ササッとTシャツにGパンというラフな服装でも良かったり、たまに電車で見かけるのですが、制服で通勤している女性もいますが、さすがに公共交通機関を使っての出勤で制服というのは、私にはできないことです。
だって、通勤時間が長いですのでムリです。

        服装1

私自身の通勤の時の服装のルールなので、『それ違う!!』と思われる方はスルーして下さいね。あとは、突っ込み放題ですので、思う存分服装について突っ込んで下さい(笑)

私の服装のルールですが・・・
着たいものを着て行く!だったのですが、現在働いている会社とその前の会社にはドレスコードがあって、着たいと思っている服装を堂々と着ていけない状況ですが、ここで意思を曲げたら女が廃りますので着たいものは着て出勤していますが、ちょっぴりスパイスを効かせてますけどね(笑)

これがまた、女性からあまりいいようには想われないような服装が多くて・・・かと言って、男性から好かれるか?と言えば、人によりけりですね。
はい!皆さん、もうお分かりになったと思います。
その服装とは、デコルテが大きく開いていたり、スカートもラインがばっちり出ちゃうようなものが多いのです。
外国人が着れば何とも思わないのでしょうが、何故か私たち日本人だと『あんな服装して、胸が丸見え(見えてないですけど?)』『襲われても仕方がないよね』なんて、女性が振り返ってまで見たり、毒を吐かれちゃったりします。
あれって、なんなんでしょうかね?
私は、『着れるものなら着てみれば?』くらいの潔さで着ていますし、襲われるようなスキは与えてないですから、道で避けてくれるうらいのオーラを出して歩いています(笑)

男性は可愛いものです。
しかも、タイプ分けすると4パターンがあります。
・遠くでは見てるんですが、近くに来るにつれて全くこっちを見ないタイプは若い男性に多いです。
・遠くでは気がついていなくて、近づくに連れてチロチロ見てるけど目が泳いでるタイプは30~40代の男性に多いです。
・遠くからずーっとガン見しているタイプはオヤジと呼ばれる(年齢関係なく)男性に多いです。
・全く興味がないという男性。
と、大体この4つのパターンに分かれますので、ほとんどの男性に好かれる服装だと思うのですが、これが自分の彼女や奥さんが私が着ているような服装をしたら、どうでしょう?
『そんな服装するな!』なんて言ったり、端から私が着ているような服装の女性は選ばないかもしれませんね。
だからか、結婚できないのは!
コラッ、結婚を選ばない人生を選んだだけです!

私もドラマに出てくるようなきっちりした服装で出勤していたこともありました。
お客さま対応や相手先へ出向かないといけない仕事をしているときはOLさん風のできる女に見える(決して、できる女だったと思っていません)ような服装を選んでいましたよ。ただ誰でも似合う筈の服装なのに、これが似合わなかったんですよ、どうしてなのでしょうか?私はOLさんが向いていないということなのかもしれません、一応、OLさんですが(笑)
でも、女性がモテると思う髪型や服装が男性に好かれるのかというと決してそうではなさそうです。

そこで、どんな髪型や服装だったら男性に好かれるのか考えてみました。

・男性に好かれる髪型

髪型は、印象や雰囲気が変わり気分まであがるので女性にとっても一番重要なことです。
昔からよく女性は失恋をしたら髪を切ると言われていますが、それは相手のことを忘れるためにと言われていますが、実は気分がスッキリするので新たに恋を始めるために髪型を変えていると言っても過言ではありませんが、ただ単に鬱陶しくなってバッサリ髪を切ったのに男性から「失恋した?」と言われても髪型を変えたかっただけなのにという時もあります。それくらい重要なアイテムです。

昔から「髪は女の命」と良く言いますが、命とまでは言いませんが「女の武器」と私は思います(笑)

        kamigata

男性が女性を最初に見るのは、髪だと言われています。
本当?と思われるかもしれませんが、服装・足・メイクを上回って女性の髪に目がとまると答える男性が多く、大きな胸や胸元が開いた服装をしている女性よりもセクシーだと感じるのが健康的な髪だと言われています。
だから、平安時代の女性が毎日欠かさず髪を櫛でとかしていたのは、髪に艶を出したり、血行を良くしたりする効果があるためだと言われています。それに比べ、私も含め現代女性はブラッシングをあまりしていないように思われます。ブラッシングをすることによって、頭皮を刺激し血行を良くしますし皮脂が出て髪に潤いを与えます。しかも、ブラッシングだけでほとんどの汚れやホコリを落とすことができるので、シャンプーで水分が髪に残ることで痛めてしまう時間を短縮させることができる効果があります。
私は今日から始めようと思います。モテ期到来!?(笑)

さて、男性に好かれる髪型ってどんな髪型なのでしょうか?
女性誌やヘアカタログに掲載されている髪型がかわいい!女性タレントの髪型がステキだからと思って美容院でオーダーしたとします。男性に好かれるどころか意外とダメだったりするのが事実のようです。

まず、シャンプーのCMを思い浮かべてみて下さい。
どこのメーカーもCMに起用している女性タレントの髪型は、ストレートでロングヘアですよね。しかも茶髪というより黒髪が大半を占めています。その理由は女性の美しさを引き立たせる髪型だからです。

・さらさらストレートロングヘア
男性は茶髪でくるくるっとした巻き髪よりさらさらでストレートの髪型が好きのようです。さらさらという響きだけで触ってみたいと私でも思ってしまうのですから男性に好かれるのはテッパンですね。
長いだけで女性を意識するようですし、神秘的なイメージもあるようです。平安時代の女性の髪型の話も書きましたが、ストレートロングヘアは昔から女性のシンボル的なイメージがあり、髪の毛を束ねたり、かき上げたりする仕草に色っぽさを感じる男性が多いからだと思います。
よく男性に好かれる仕草の中にロングヘアならではの「髪の毛をかき上げる」というのが必ず入っていますが、ドキッとするということです。普段隠れている首や耳がチラリと見えるところにそそられるのでしょうね、いわゆるチラリズムです。

女性の立場から言わせてもらえれば、さらさらロングヘアはなんとかクリアできてもストレートロングとなると相当苦労します。元々まっすぐな髪型であればラッキーですが、大体クセのある人がほとんどで、ストレートヘアにするのは手間がかかります。今日はばっちり決まったと思って出掛けても、天候によってクセが出てきてしまった!!なんてことはざらなので、この髪型を保つのがどれだけ大変か男性は知らないと思います。

        髪型

・ポニーテール
ポニーテールって男性に好かれますよね。
明石家さんまが時ある毎に「ポ二ーテールをしてる女性はいいよね」と発言をしていますように、世の男性にポニーテールが好きですか?と質問したら、恐らく100人中80人以上は「好きです。」と答えると思うほど、男性に好かれる髪型だと思います。
ロングヘアをスッキリまとめて若々しさもあり、ポニーテールをした時にうなじに色気を感じるからということです。
普段、おろしている髪をキュッとまとめて仕事をしていたりするとドキッとしたり、まとめている髪を解いた瞬間に揺れる髪にぞくぞくするらしく、ポニーテールはギャップも含めて男性に好かれる髪型だと言えるようです。
女性からするとポニーテールは手抜きの髪型なのですけどね・・・でも、確かに以前、彼の家で料理を作ろうと無造作にまとめたポニーテールにしていたら、じっと見つめられたことがありました、単に髪の毛が料理に入ったりいけないと思っての行動だけだったのですが(笑)

        
・黒髪
茶髪が市民権を得て久しいですが、私は黒髪派なのです。人生このかた一度も茶髪にしたことがない貴重な存在かもしれません。特にこれといって理由はないのですが、漆黒にしたくて黒に染めていたくらいです。
少し茶色にすると顔が明るく見えていいのかもしれないのですが、地黒な私はきっと茶髪が似合わないと思うので勇気がないだけです。それから、日本人の顔にはやっぱり黒髪ではないかと・・・凛とした雰囲気もありますし髪質的にも絶対に黒髪です。
男性に好かれる要因もこの辺にあるのかもしれませんが、茶髪は失敗すると傷んだように見えたり、不潔に見えたり、はたまた生活自体がだらしなく見えてしまうこともあります。というのも、茶髪が少し伸びると地毛の黒色が出てきて汚いと私が思うように男性も同じ意見なのではないかと思います。
外国人からすると日本人女性の黒髪はとても美しく見えるようで「Asian Beauty」という言葉ができたとも言われています。
世界中の男性から好かれる髪型は黒髪と言えるのではないでしょうか?

なんにしても、男性に好かれる髪型はロングヘアということになるようですね。
だから、女性のロングヘア率が高いのかもしれません。しかし、私がロング?ミディアムヘアにしている理由は・・・

「子供たちがおねえさんとおばちゃんを区別する髪型」

だからです(笑)と言っても、小学校の高学年になると髪型で区別していないのは分かるのですが、低学年や幼稚園児は髪の毛の長さで「おねえさんとおばちゃん」と区別しているように思います。一度、友達の子供(男の子)に「あの人はおねえさん?それともおばちゃん?」と質問したことがあるのですが、圧倒的にロングヘアが「おねえさん」、ショートヘアが「おばちゃん」だったので、それ以来ショートヘアにするのが怖くてロングヘアにしています(笑)

独断と偏見の意見ですけど。

・男性に好かれる服装

男性に好かれる服装って、どんな服装なんでしょう?
やっぱり女性らしさを望んでいるのでしょうか、それとも、男性にとってセクシーだと感じる服装なのでしょうか?
でも、私の服装のルールのことから考えると男性に好かれる服装というとセクシーさを臨むというよりは、自分たちができない女性らしい服装が好かれるのだと思います。
では、男性にできない女性らしい服装とはどんな服装なのでしょうか?
ほとんどの男性は一歩外へ出ると戦士のようにビジネスで戦わなければならないので、スーツという鎧に身を包み戦場へ出掛けていきますが、休日となると全てにおいてリラックスモードで過ごしているので、気合いを入れてデートだと戦闘服のスーツを着て出掛けることはありませんが、女性は仕事へ行く服装とデートへ出掛ける服装はあまり変化がありません。
それ以上にオシャレな服装をして出掛けていくのが女性なのです。これをいわゆる「勝負服」というのですが、男性と女性の服装への思い入れや考え方の違いがここでも如実に表れてきています。

        スカート

・女性らしさや優しさ
男性は自分にない女性らしさや優しさを女性の服装に求めるので、男性が着れないのようなシフォンやキレイにドレープの出る柔らかい素材を使った服装を好む傾向があります。
「繊細イコール女性」を求めている男性が多く、動く度にひらひらする服装でかわいらしさも演出できますので、男性も女性を意識することになります。女性もかわいいと抵抗なく手に取ることが出来る服装とも言えます。
かわいいと思える服装の象徴は、ワンピースでふわふわ感があったり清楚な雰囲気にもできたり、またきっちりとした場所にも使えるアイテムですし、女性としてはワンピース1枚持っているだけで応用できるので困った時のワンピースの位置づけで着こなしているのが本音なのです。

・ニット
ニットはとても着心地がよく、包み込む安心感があるので女性も好んで着ていると思いますが、この包み込む感じが男性は母性を想像させるのか?女性のニット姿を見ると頬が緩んでしまうという人もいるようです。男性のニットを着て料理を作っている女性をかわいいと思って、ついつい自分が守ってあげないといけないと思う感覚になるようです。
そう考えるとターゲットに選んだ男性に好かれるためにニットを選択するのも一つの手だと思います。

・透け感とどこか一部を強調
今、女性の間で流行っている服装に透け感のあるブラウスやシャツが人気を集めていますが、春あたりからフレアスカートやギャザースカートの上にチュールが被さっているスカートも見かけるようになりました。
これは、身体をきっちり覆って隠しているのですが、実は、透けて素肌が服の上から認識できるし、スカートの場合は透けてるんじゃないの?と思って見てしまう。だけど、見えそうで見えない心理をついた服装になっています。想像を掻き立てる服装が好かれるのだと思います。
透け感と同様にスカートなら膝より少し上で足を出したり、ウエストを強調してくびれを意識したり、首元が広く開いていたり、少し深めにブラウスのボタンを外して鎖骨を強調させ、女性らしさをアピールできる服装も男性には好かれているようです。
間違えても胸もお尻もと欲張って強調させると男性だけではなく世間一般の人全員に不愉快な思いをさせるだけなので、どこか自信のある身体のパーツ一カ所だけ強調させるのが上級テクニックだと思います。

思い出してみて下さい、女子高校生がかわいいと思って誰もがスカートのウエスト部分を折り上げて電車に乗っていたり、エスカレーターで前方にいたり、見えてもいいパンツをスカートの下に履いていても不愉快にさせる体型の女子高校生がいます。それは、太ももがスカートの裾より横にせり出しているのをみるたびに「もう少し長めに、膝上くらいの方がかわいいのに・・・」と思います。全員が全員、同じ丈の長さが似合う訳ではないので自分に合ったかわいいスカート丈にすればいいのにとつくづく思います。
しかし、男性でなくてもエスカレーターの前方にパンツ丸見えのような女子高校生がが立っているのを見ると屈んで覗きたくなります。←私ってオヤジか?
でも、何故かこういうシチュエーションでは、ブッサイクで人を不愉快にしている女子高校生が「みるなよ!」みなたいな目で睨むのはどうしてなのでしょうかね?「見ね~よ、こっちだって選ぶ権利はあるんだから」という目つきで睨み返しますが(笑)

        BBQ2

いずれにしても、男性にはT.P.Oに合わせた服装を選ぶ女性が好かれるようです。
デートや仕事で行く場所によって服装を選ぶことができるのが大人の女性だと思います。
例えば、海へ行くときにスーツやハイヒールで来たり、BBQをするというのにワンピースだったり、おいおいそれはないだろうという女性に100年の恋も冷めちゃいますね。
特にBBQにワンピースにハイヒールという服装で自分の彼女がやってきたら、「手伝う気ゼロ?なにお姫様気取ってんだよ。俺が恥をかくじゃねぇか」とここで見切られますね。
服装は完璧なのに靴はどうした?という人も沢山いるんですよね。実は、私は服装が決まっていても靴選びを失敗すると自分に腹が立って一日中機嫌が悪し、下手したら家に履き替えに戻りたくなるほどなのです。

女性も男性もオシャレは足元からですよ!!

・男性に好かれる話し方

男性に好かれる云々ではなく誰にでも好かれる話し方になると思いますので、会話が下手でも話し方一つで変わってきますので、是非参考にしてみて下さい。

        話し方3

・男性に好かれる話し方は相手の立場に立つ。

会話は相手がいてこそ成り立つもので、相手がいたとしても自分が夢中になって一方的に話をしたり、話したいことだけを相手の立場に立たず、好き勝手に話す人がいます。それでは話したいことも通じないどころか相手はうんざりしてしまいますし、意見も聞いてもらえないのかと思い「会わない?」と連絡が来たとしても、予定を無理矢理作って段々と距離を取るようになっていきます。
好かれる話し方をするためには、相手の立場に立って話をしたり、意見を聞いたり、また相手の言いたいことを引きだすように会話をすることが基本です。
男性に好かれる話し方も同じで相手の立場に立って話をすることを心掛ける必要があります。




・男性に好かれる話し方は本音で話す。

男性と話をする時に本音で話をしている女性ってどれくらいの割合でいるのでしょうか?
私たち人間は周りの人に嫌われたくないために本音の部分を隠して話をしているのが普通だと思います。多かれ少なかれ私もあると思うのですが、一定の距離感をもって付き合っていこうと思っているのであれば、それでいいと思ういますが、一歩踏み込んだ関係に男性となりたいと思えば、素の自分を出す時がいつか来ると思います。その時に男性から「騙された」「今まで話を合わせていただけなのか?」と不信感を与えることになります。こんなことにならないように、最初から男性と話をする時に本音で話す方が好かれると思います。少しきついことを言ったとしても、自分のことを思って話をしてくれたのだと理解をしてくれる筈です。
ただ、本音と言っても悪口になったり相手のことを否定し続けることではなく、私だったら・・・と本気で相手のことを思って意思を伝えることが大切だということです。
もし、相手にとって一番いいだろうと思って本音で話しても相手にうまく伝わらないかもしれませんし、相手の考え方と違うかもしれませんが、嫌われると思っていたら何もできませんので勇気を持って伝えることが必要です。
男性に好かれる話し方は本音で話すということです。

・男性に好かれる話し方は否定しない。

相手のことを思って話をしたり、多少キツイことを言ったとしても愛情がこもっていれば、後々「きついことを言うな~と思ったけど、今になって考えると自分のことを考えてのことだったんだ」と気づいてもらえる筈です。当然、男性に好かれるのは当たり前すよね。
しかし、私が話をしていてどうしても好きになれない人がいます。その特徴は、自分以外の人の話を全て否定してしまう人です。勿論、私も「でも」「だって」ってという言葉をよく使うのは自分でも分かっていますので、なるべく使わないように気を付けているつもりですが、やっぱり出ているんですよね。
以前、「お前は人生損しているな」と言われたことがあります。意味が分からず、どういう意味なの?と聞いたら、提案したことを「でもね・・・」といつも話し始めて、結局面白いことを逃しているんだな~と思ったからということだそうです。
損していたのかもしれませんね・・・本当に。
だから、「でも」「だって」と否定の言葉を最初から言われると好かれるどころか嫌われるばかりです。
男性に好かれる話し方は否定しないということです。

・男性に好かれる話し方は話を聞く。

政治家が時々テレビ番組で討論会に出演していたり、国会で会議をしているのを見かけますが、その時に発言者の意見を聞かず、話している上から上に言葉を被せて意見を通そうとしているのを見ていると、ちゃんと人の話を聞けよと思うので政治家の話を聞こうとは思わなくなります。
それと同じように人の話を聞かずに自分の言いたいことばかりを主張する人は好かれるどころか嫌われるばかりで、私なんて失礼な話ですが、飲み会の席でこんな人が隣に座ると背中を向けて全く話をしないこともあり、たまに割り込んで入ってくると今違う話をしているから後にして!と言うほど嫌いなタイプです。
だから、人の話はよく聞くのが当たり前なのですが、男性に好かれるのも話を聞くということです。

        kako-g3vCI5x6eMHHy061

なんだかんだといって、男性に媚びなくてもいいかと思いますが、大好きな男性に好かれるために頑張って髪型を研究したり、その男性の好きな服装を試してみたり、健気な女性を見るとかわいいと思います。
何に対しても頑張る女性ってかっこいいし輝いているので、見習いたいです!!

<アラフォー独身女性の応援団長ブログライターのHIROMIからのお願い>
*本サイト「アラフォー.com」は40代の働くアラフォー女性の方々を応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 夜の仕事(水商売)から昼職に転職するには?

    夜の仕事(水商売)から昼職に転職するには? アラフォー独身女性の応援団長ブログライターのH…
  2. ユーグレナパーフェクトグリーンお試しパックの口コミと評判は?

    ユーグレナパーフェクトグリーンお試しパックの口コミと評判は? アラフォー独身女性の応援団長…
  3. 女性におすすめの転職サイトランキング(30代・40代)

    女性におすすめの転職サイトランキング(30代・40代) アラフォー独身女性の応援団長ブログライ…

カレンダー

2017年11月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

編集長プロフィール

PR

免責事項

当サイト上に掲載されいる情報の内容については万全を期しておりますが、これらの情報によって万が一いかなる障害が生じた場合も、当社および情報提供者としては一切の責任を負いかねますのでご了承の上、ご利用いただきますようお願い申し上げます。ご質問やご相談はこちらまでお問い合わせください。
ページ上部へ戻る